伊東祐慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東祐慶
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正17年6月13日1589年7月25日
死没 寛永13年4月4日1636年5月8日
別名 祐典、通称:熊太郎
官位 従五位下左京亮修理大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐兵、母:伊東義益娘・阿虎の方
兄弟 祐平(伊東マンショ弟)室、祐慶成瀬正武正室、滝川法直室、祐寿
正室大田原氏の娘
祐久祐豊
テンプレートを表示

伊東 祐慶(いとう すけのり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名日向国飫肥藩2代藩主。日向伊東氏13代(伊東氏19代)当主。母の阿虎の方は江戸幕府大奥按察使局の従姉妹である。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると東軍に与し、家臣の稲津重政の進言を受け、西軍の高橋元種宮崎城に軍勢を派遣し落城させた。しかしこれと前後するように元種は東軍に寝返っていたため、宮崎城は返却された。徳川家康より所領を安堵された。なお、祐慶は後日、責任を取らせる形で清武城にて稲津重政を討っている。

同年、父・伊東祐兵大坂にて病死したため、家督を継いだ。元和年間より領内にスギ飫肥杉)の植林事業を興し、藩財政の基礎とした。

寛永13年(1636年)48歳で死去した。家督は長男・祐久が継いだ。次男祐豊徳川家光の小姓を勤め、3000石分知される。

関連項目[編集]