伊東祐清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東祐清
伊東祐清.jpg
伊東祐清/菊池容斎画(明治時代
時代 平安時代末期
生誕 不詳
死没 寿永2年(1183年)6月?
養和2年2月15日1182年3月21日)?
別名 九郎(通称)、祐兼、祐長、祐氏、祐忠
氏族 伊東氏河津氏
父母 伊東祐親
兄弟 祐泰祐清北条時政前室、三浦義澄室、万劫御前(工藤祐経前室、土肥遠平室)、八重姫、ほか
比企尼の三女
伊東祐光?、養子:律師

伊東 祐清(いとう すけきよ)は、平安時代末期の武将。伊豆国豪族伊東祐親の次男。祐兼祐長(『曽我物語』)、祐氏(『平家物語』)、祐忠(『尊卑分脈』)とも[1]

生涯[編集]

源頼朝の乳母である比企尼の三女を妻としており、伊豆の流人であった頼朝と親交があった。安元元年(1175年)9月頃、平家家人である父の祐親が頼朝を討とうとした際、頼朝に身の危険を知らせて逃がしている。『曽我物語』によると、自身の烏帽子親である事から、北条時政を頼るように頼朝に薦めたという。

治承4年(1180年)8月の頼朝挙兵ののち、平家方であった祐親と祐清父子は頼朝軍に捕らえられた。その際、頼朝は祐清にかつて自分を助けた事による恩賞を与えようとしたが、祐清は父が頼朝の敵となっている以上、その子である自分が恩賞を受ける事は出来ないとして暇を乞い、平家に味方するために上洛した[2]。その後、平家軍に加わった祐清は北陸道の合戦で討ち死にした[3]。『平家物語』(覚一本)では、篠原合戦で伊東九郎祐氏が討ち死にしたとある。

なお、『吾妻鏡』養和2年(1182年)2月15日条では、祐親が自害を遂げた際、祐清が自らも頼朝に死を願い、頼朝は心ならずも祐清を誅殺したとし、平家軍に加わり北陸道の合戦で討ち死にしたとする建久4年6月1日条の記述と矛盾している[4]

祐清の妻は義兄・河津祐泰工藤祐経に討たれた後、生後間もない祐泰の子(曾我兄弟の弟で僧となる)を引き取り、祐清と死別した後にその子を伴って平賀義信に再嫁している。また、後北条氏徳川氏に仕えた仁杉氏の系譜によれば、通説では工藤祐経の子とされる伊東祐光を祐清の子として掲載して仁杉氏をその子孫と位置づけている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 吾妻鏡治承4年10月19日条に祐泰とあるが、祐清の誤り。
  2. ^ 『吾妻鏡』治承4年10月19日条
  3. ^ 『吾妻鏡』建久4年6月1日条
  4. ^ 養和2年2月15日条と治承4年10月19日条は、どちらも父に従う祐清の態度を孝道の美談としている。
  5. ^ 盛本昌広「戦国期仁杉氏の動向」(初出:『伊東市史研究』第7号(2008年)/所収:盛本『中世南関東の港湾都市と交通』(岩田書院、2010年) ISBN 978-4-87294-601-7)

関連項目[編集]