伊東祐隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東祐隆
時代 江戸時代中期
生誕 正徳6年1月13日1716年2月6日)?
死没 宝暦7年8月18日1757年9月30日
戒名 節山玄義慈広院
官位 従五位下修理大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐永、母:井上氏の娘
兄弟 祐隆、祐房、祐順、祐之九鬼隆邑正室、伊東祐恵室
正室愛宕通晴(中納言)の娘
祐福(長男)、祐武(次男)、搖泉院(亀井矩貞正室)

伊東 祐隆(いとう すけたか)は、江戸時代中期の大名。日向国飫肥藩の第8代藩主

第6代主・伊東祐永の3男。正徳6年(1716年)正月13日生まれとも、宝永7年(1710年)生まれとも言われている。庶長子のため父・伊東祐永から家督を継げなかったが、延享元年(1744年)に異母弟で7代藩主・祐之が没すると家督を継いだ。

宝暦7年(1757年)8月18日に死去。家督は長男・祐福が継いだ。