伊東義益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東義益
Itō Yoshimasu.jpg
伊東義益像(日南市蔵)
時代 戦国時代
生誕 天文15年(1546年
死没 永禄12年7月11日1569年8月23日[1]
改名 虎房丸[2](幼名)→義益
別名 六郎[2]
官位 従四位下左京大夫[2]
幕府 室町幕府
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東義祐
兄弟 高城(肝付良兼室、杉田宗盛室)、麻生(北原兼守室、馬関田右衛門佐室)、歓虎丸、義益、尼公方丈東興庵、町上(伊東祐青室、伊東マンショの母)、伊東祐信室、照覚院、祐兵
正室:一条房基娘・阿喜多
側室・福園野村松綱妹)(本藩人物誌)
義賢祐勝、阿虎の方(伊東祐兵正室)
テンプレートを表示

伊東 義益(いとう よします)は、戦国時代武将日向国戦国大名日向伊東氏12代(伊東氏17代)当主。都於郡城主。

略歴[編集]

庶子であったが兄・歓虎丸が早世したため後継者に定められ、永禄3年(1560年)に家督を相続し[2]、都於郡城主となって義祐の後見を受けて伊東家の全盛期を築いた[2]。智勇に優れ性格も温厚であったため父以上に家臣団、民衆から慕われたという。家督相続後も、当主として引き続き都於郡にあり、佐土原城の義祐との二頭政治が行われた。

永禄12年(1569年)、都於郡の岩崎稲荷に参籠中、病にかかって死去[2]。都於郡城中全ての者が剃髪して菩提を弔うという異例の葬儀が行われた。

正室は一条房基の娘・阿喜多で、薩摩藩側の史料『本藩人物誌』によれば伊東大炊介の計らいで結婚したという。阿喜多との間には義賢祐勝・阿虎の方(伊東祐兵正室)をもうけた。

義益の側室[編集]

義益には正室・阿喜多の他に側室がいたという話も伝わるが、伊東氏の系図等には記載がない。ただし『本藩人物誌』には、野村松綱の妹である福園は義益の結婚前からの側室であり、一条氏との結婚後に野村家に返される。しかし阿喜多の命により殺害され、野村氏が「伊東崩れ」に加担する遠因になったと書かれている。『鹿児島県旧記雑録拾遺 伊地知季安著作史料集三』の『野村氏系図』でも福園が義益の側室とは書かれていないものの、義益夫人の命で殺害されたことが記載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 日向記
  2. ^ a b c d e f 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月、111頁。ISBN 4-404-01752-9。