伊沢勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊沢 勉(いざわ べん、1958年2月14日[1] - )は、日本男性俳優演出家作家声優

略歴[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

等々

ラジオドラマ(オーディオドラマ)[編集]

NHK-FM[編集]

  • FMシアター
    • 『金魚とあぽろ』(名古屋局制作)〈脚本:松永英隆〉(2001年12月15日)
    • 『forget-me-not〜忘れな草〜』第19回名古屋創作ラジオドラマ脚本募集入選作(名古屋局制作)〈作:馬場秀子〉(2004年6月19日)
    • 『サヨナラよ、こんにちは!』(名古屋局制作)〈作:坂本正彦〉(2005年11月26日)
    • 『オッサンとワタシ』(名古屋局制作)〈作:坂本正彦〉(2006年7月8日)
    • 『五十歳の旅立ち』(2007年1月20日)※〈脚本兼務:伊沢勉〉
    • 『バーバー・レッスン』(名古屋局制作)〈作:宮村優子 (脚本家)〉(2009年7月25日)
    • 『観られる女』(名古屋局制作)〈作:鹿目由紀〉(2009年10月31日) - 吉田部長 役
    • 『散歩する侵略者〜鳴海と真治の二週間〜』(名古屋局制作)〈作:前川知大〉(2010年3月13日) - 明日美の父親 役
    • 第25回NHK名古屋創作ラジオドラマ脚本募集入選作『人らしく、生きられるように』(名古屋局制作)〈作:田山琢朗〉(2010年5月29日) - 主人公の同僚 役、医者 役
    • 劇作家シリーズ『幽霊の自転車』(名古屋局制作)(2012年3月24日)※〈作:伊沢勉〉
  • 特集オーディオドラマ
    • 『空の防人』(名古屋局制作)〈作:原田裕文〉(2011年8月13日) - 真山勝男 役

CBCラジオ[編集]

  • CBC創立60周年ドラマスペシャル 名古屋開府400年「金助からの伝言」〈脚本:柿ノ木タケヲ〉(2010年5月30日)※脚色 兼務

ラジオ番組[編集]

舞台[編集]

  • お父さんの旗日
  • 海がみたい
  • こんがら野球団
  • 伊沢勉あ・ほーまんす
  • 悪魔のいるクリスマス
  • ダックスープ
  • 銀河鉄道の夜
  • 審判
  • ハモニカ
  • バンカラ・ブルース
  • フィガロの結婚
  • ランドセル

等々

脚本[編集]

  • 舞台(戯曲)
    • レイルドリーム
    • 豊川女子挺身隊
    • ハモニカ
    • ランドセル
    • お父さんの旗日
    • 先生と扇風機
    • たくあんの味
    • 春夏秋冬
    • 海がみたい
    • 瀬をはやみ
    • 砂に消えたラブレター
    • 帰れない明日
  • テレビ・ラジオ
    • NHK
      • 愛する私(中学生日記)
      • 50歳の旅立ち
      • アコーディオンを弾こう(親父と盆栽)
    • CBC
      • 定年オーライ
      • 柿木金助

等々

演出[編集]

  • 常滑青年会議所
  • 東海青年会議所
  • 常滑女性会議
  • ともだち事務所
  • パックピクチャーズ
  • 静岡トヨペット

など舞台演出

ゲーム[編集]

  • わくわく7徳川超十郎
    • 1996年11月21日 - アーケード
    • 1996年12月27日 - ネオジオ
    • 1997年6月20日 - セガサターン「拡張RAM専用」
    • 2008年6月26日 - PlayStation 2「サンソフトコレクション
    • 2010年4月27日 - Wii「バーチャルコンソール」

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊沢勉”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c 伊沢 勉 » タレントオフィス ともだち”. タレントオフィス ともだち. 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月28日閲覧。
  3. ^ 愛知県立豊橋南高等学校 同窓会”. 2015年4月28日閲覧。
  4. ^ a b c d 愛知県立豊橋南高等学校 伊沢勉プロフィール”. 2015年4月28日閲覧。