伊津野亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いづの りょう
伊津野 亮
生誕 (1959-03-08) 1959年3月8日(61歳)
日本の旗 日本 熊本県
国籍 日本の旗 日本
職業 司会者DJナレーター
配偶者 トムセン陽子

伊津野 亮(いづの りょう、1959年3月8日 - )は、日本司会者DJナレーター、文化人である。

来歴・人物[編集]

  • 身長173cm。熊本県に生まれ、フリーアナウンサーとしてデビュー後にスポーツ実況、テレビ司会、ナレーションと幅広く活動し、1990年にナレーター事務所「オフィスアール」を設立し代表を務めて後進の育成に力を注いでいる。
  • 生年は1959年だが若年代に仕事を確保するため故意に年上を自称しており、多くのプロフィールで1957年生まれであると庄司麻由里がブログ内に記している。
  • 還暦を越えているが筋肉質な体格で、日焼けサロンに通い、日焼けをしている[1]。本人の弁によると、日本で日焼けサロンが開業した日の最初の客だったという。
  • 自らが出演しているラジオ番組では下ネタをよく言う。また、他番組の代行DJを担当する時や、そのDJの相方と番組を担当する時は「バズーカ下寺」や「ボッキー伊津野」、「黒久保亮太郎[2]のように、元々の担当パーソナリティーの名前をいじって出演することがある[3]
  • レギュラーラジオ番組である The BAY☆LINE の本番前にうどんを食べるのがルーティンである。
  • レギュラーラジオ後に、リスナーや、スタッフで、毎回「伊津野お見送り会」を実施している。
  • 2015年9月、ラジオパーソナリティのトムセン陽子と結婚し[4]、2017年1月17日、第一子女児が誕生。
  • 無類の車やバイク好きである。愛車はフェラーリ、BMW、ポルシェ、ハーレー等
  • 現在の愛車はアルファード エグゼクティブラウンジSである。なお、この事はトムセンは知らない模様。
  • よく、相撲界の話や、時事ネタの話をする。そして、2019年3月8日(伊津野誕生日)のTRAVELLIN'GROOVE!!では、当時話題になっていたカルロス・ゴーンの作業着の変装をして、公開生放送に臨んだ事もある。
  • 好きな言葉は「Love and S◯x」
  • 特技はバイオリン
  • サンクチュアリ2017にて、他人のDJプレイ中にUSBを抜いてしまい、音を止めた事で、リスナーからは、DA PUMPU.S.A.」が伊津野が担当してるラジオでオンエアされると、「USB」とネタにされてしまう。
  • テレワーク放送で、マイクが接続されてないにも関わらず、それに気付かず、無接続のマイクに番組全体喋り続けた。そのマイクは、TRAVELLIN'GROOVE!!の時に使用していたRE27のマイクである。
  • 虎柄のダウンジャケットを着て渋谷辺りを歩いていたら、職務質問されてしまい、その時から、そのジャケットを「職質ダウンジャケット」と名付け、リスナーへのプレゼントに充てた。
  • bayfm9の音粋」のリスナーであり、全部の放送回を聴いている。

https://www.bayfm.co.jp/dj/izuno-ryo/

出演番組[編集]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

CM[編集]

ライオン・スタジオ生コマーシャル(TBS系「はなまるマーケット」→「いっぷく!」→「白熱ライブ ビビット」内)

DVD[編集]

ボウリング革命 P★LeagueオフィシャルDVD Vol.2 - 8 実況(BS日テレ

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ナレーターの伊津野亮、ギラギラの日焼けキャラで注目”. exciteニュース (2014年1月14日). 2015年10月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月23日閲覧。
  2. ^ 2017年の年末特番でも、黒久保名義で電話出演していた。
  3. ^ 遅くなりました!”. 伊津野亮オフィシャルブログ (2012年2月14日). 2015年4月23日閲覧。
  4. ^ 「ナレーター会の黒い弾丸」伊津野亮 トムセン陽子と20歳差婚!”. スポニチ (2015年10月4日). 2015年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月6日閲覧。
  5. ^ 2017年11月からInterFMの改編による放送枠移動で、妻のトムセン陽子がパーソナリティーを勤める「Happy Hour!」が裏番組となった。