伊深村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊深村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 美濃加茂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
加茂郡
面積 8.07km2.
総人口 1,548
(1954年)
隣接自治体 加茂郡山之上村三和村加治田村
関市
伊深村役場
所在地 岐阜県加茂郡伊深村899-3
 表示 ウィキプロジェクト

伊深村(いぶかむら)は、かつて岐阜県加茂郡にあったである。

現在の美濃加茂市東北部、美濃加茂市伊深町に該当する。

津保川支流(川浦川、大洞川)沿いの村であった。

歴史[編集]

学校[編集]

中学校は富田村(現・富加町)の組合立双葉中学校[2]であった。

神社・仏閣[編集]

  • 正眼寺
  • 龍安寺
  • 高倉神社
  • 星宮神社
  • 諏訪神社
  • 賀茂神社

その他[編集]

  • 旧・伊深村役場(1936年完成)は現存し、国登録有形文化財に登録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧・川浦村、廿屋村。明治中期に住民から伊深村、川浦村、廿屋村との合併が希望されていたが、行政の指導により幻となっている。
  2. ^ 現・美濃加茂市・富加町中学校組合立双葉中学校。現在も美濃加茂市伊深小学校、三和小学校校区の生徒は双葉中学校へ通学している。

関連項目[編集]