伊福部氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊福部氏(いおきべうじ/いふくべうじ)は伊福部の名とする氏族伊福吉部氏五百木部氏廬城部氏とも表記する。

概要[編集]

「伊福部連(宿禰)氏」は因幡国伊福部伴造であり、物部氏の一族とされている。『新撰姓氏録』「左京神別」には「伊福部宿禰」・「伊福部連」を載せ、「尾張連同祖、火明命之後也」とする。「大和国神別」の「伊福部宿禰氏」・「伊福部連氏」は、「天火明命子天香山命之後也」とあり、「山城国神別」の無姓の「伊福部氏」・「河内国神別」の「五百木部連氏」も「火明命之後也」と載せている。

伊福部の伴造氏は、連のほかに、などがあり、一族には・君姓のものも存在した。

奈良時代末期に成立した伊福部氏の系図、「因幡国伊福部臣古志」(延暦3年ごろ成立)によると、物部氏の祖である伊香色雄の息子、武牟口命を祖先としている。日本武尊による征西の途中で、吉備津彦命、橘入来宿禰らとともに、稲葉夷住山の荒海という賊を征伐するために因幡国に立ち寄った、とある。息子の意布美宿禰の時、初めて「伊福部」を名乗る。その後、因幡国造も兼任した、とも言われており、允恭天皇に仕えた若子臣が、気を飄風にかえたという伝承も残されている。

26代目の都牟自(つむじ)は646年孝徳天皇大化2年、初めて水依評を設置し、評督に任命されている。その後、斉明天皇4年の冠位は大乙上で、同年正月には水依評のかわりに高草郡を設置した。同年3月11日658年4月18日に死去した。

伊福吉部臣徳足比売(いふくべ の おみ とこたりひめ)は、は文武天皇の時代の采女で、位階従七位下で、和銅元年7月1日708年7月22日))に病歿。その遺骨を収めた銅製の骨蔵器に刻まれた銘文・墓誌は、1774年安永3年)、伊福部氏の根拠地と推定される現在の鳥取県岩美郡国府町で石櫃の中から発見されたもので、その蓋表面に放射状の16行の文字が刻まれており、奈良時代以前の金石文として現存する16個のうちの1つである。

このほかに、雄略天皇安閑天皇の時の廬城部連枳莒喩(いおべ の むらじ きこゆ)がおり、459年斎宮を犯したという息子に誤って手をかけたり[1]535年に娘が物部尾輿瓔珞(玉を重ねた首飾り)を盗んで、春日皇后に献上する[2]といった不祥事を起こしている。

伊福部連一族は、天武天皇の時、684年八色の姓で、第3位の宿禰を授与されている[3]。宮城十二門の一つ殷富門(旧名伊福部門)は、大化以前から門衛に奉仕してきた伊福部氏が蘇我入鹿誅滅に参加した功を記念して名付けられたものである。

ほかの伊福部氏では、奈良時代724年和銅7年)に、匠(たくみ=道路開発の技術者)である従六位上の伊福部君荒当(いほきべ の きみ あらまさ)が田を2町授与された、という記録も残されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』巻第十四、雄略天皇3年4月条
  2. ^ 『日本書紀』巻第十八、安閑天皇元年閏12月条
  3. ^ 『日本書紀』巻第二十九、天武天皇13年12月2日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]