伊良湖フラワーパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊良湖フラワーパーク(いらごフラワーパーク)は、愛知県渥美郡渥美町(現・田原市)に存在した豊橋鉄道運営の観光施設である。

概要[編集]

ヨーロッパ風の花園をイメージした「フラワーパビリオン」、南国風温室の「トロピカルドーム」、球根ベゴニアが咲く「ベゴニア館」の3つのパビリオンや、芝生広場、西洋風大花壇などがあった。そのほか、喫茶店や花摘み体験ができる「花つみ園」、鉢植などを販売する「ショップ花岬」などもあった。

オープン当時は賑わっていたものの、訪問者は1993年の33万人をピークに減少に転じ[1]2000年代に入ってから三重県桑名市にオープンしたなばなの里名古屋市港区にオープンした名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットといった観光施設に客層を奪われて2005年3月に閉園した[1]。閉園時点での入場料は大人800円、小人400円であった。

跡地は「菜の花ガーデン」として整備され、毎年1月 - 3月に開催される渥美半島菜の花まつりのメイン会場として使われている。

歴史[編集]

交通アクセス[編集]

入園口の前に豊鉄バス「フラワーパーク」停(閉園後は「浜辺」に改称)があり、伊良湖支線伊良湖しおさいロード号の2路線が乗り入れていたが、2006年10月に廃止された。

2019年現在、2・3月の土・日・祝日は道の駅伊良湖クリスタルポルトから無料シャトルバスが運行される。[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b “惜しむ声のなか、伊良湖フラワーパーク閉園 44年の歴史に幕”. 東海日日新聞. (2005年4月1日) 
  2. ^ 『渥美町史 現代編』 渥美町、2005年。 
  3. ^ 伊良湖フラワーパーク”. いこーよ. 2018年8月10日閲覧。
  4. ^ 渥美半島菜の花まつり (PDF)”. 渥美半島観光ビューロー. 2018年12月14日閲覧。

関連項目[編集]