伊藤亜由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いとう あゆみ
伊藤亜由美
本名 伊藤 亜由美
別名義 鈴井 亜由美
生年月日 1965年
出生地 北海道小樽市
出身地 北海道小樽市
国籍 日本の旗 日本
職業 芸能プロモーター・実業家映画プロデューサー歌手
配偶者 鈴井貴之(1992年 - 2017年)
事務所 CREATIVE OFFICE CUE
テンプレートを表示

伊藤 亜由美(いとう あゆみ)は、日本芸能プロモーター・実業家映画プロデューサー歌手CREATIVE OFFICE CUE代表取締役社長、株式会社キュー・プロダクツ代表取締役社長。

タレント、映画監督でCREATIVE OFFICE CUE取締役会長の鈴井貴之は元夫。この為、鈴井貴之と結婚した1992年から離婚を公表した2017年3月までは「鈴井亜由美」で活動していた。

略歴[編集]

1965年北海道小樽市で生まれる。親の転勤で栗山町苫小牧市でも暮らしたことがある[1]北海道小樽桜陽高等学校北海道武蔵女子短期大学を卒業[1]後、アパレル会社で働きながら女優として札幌市にて活動する。鈴井貴之主宰の「劇団487パラシュート」、「劇団OOPARTS」に所属。映画『へのじぐち』にも出演。

また、歌手(NORTH END x AYUMI from SAPPOROのヴォーカル)として「DA.BE.SA」をリリースしている。HTBの深夜番組『モザイクな夜』、HBCの夕方ワイド番組『気になるパンプキン』などでタレント・リポーターとしてテレビ出演したこともある。

1990年代当時、北海道の舞台役者が専業で活動できる環境がなく、テレビラジオの出演をマネージメントする事務所の必要を感じ、1992年に鈴井貴之とともにCREATIVE OFFICE CUEを設立し、同年、鈴井貴之と結婚する。設立当初は会社を支えるためにアルバイトであり、後に副社長となる。1994年に長女を出産[2]。一時産休に入るが、行きつけの美容室の紹介もあり、産後4ヶ月で劇団の稽古場と併設する形でメキシコ料理店「モッキル・デ・キキルコ」を開店[2]。後にベトナム料理店「フーコック」などを経営する。TEAM-NACSの加入などでCREATIVE OFFICE CUEが徐々に拡大するにつれてテレビに出演する機会がなくなり、声だけテレビに出るということもあった。2000年代以降はインタビューなどに応じる機会が増えている。

2012年8月1日、CREATIVE OFFICE CUEの代表取締役社長に就任することがCUE DREAM JAM-BOREE2012で発表された。

2017年3月、鈴井貴之がファンクラブ会報にて亜由美と離婚したことを報告。今後は元の姓である伊藤亜由美として活動することになっている[3]

手がけた作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • へのじぐち(1990年)

テレビ[編集]

シングル[編集]

  • 「DA.BE.SA」(NORTH END+AYUMI from SAPPORO名義)(1995年)
    DA.YO.NE」のローカルバージョン。

著書[編集]

  • CUEのキセキ クリエイティブオフィスキューの20年(メディアファクトリー、2012年、ISBN 978-4840148627)※企画・監修

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]