伊藤勝典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

伊藤勝典(いとう しょうてん、明治32年(1889年) - 昭和18年(1943年))は、石川県金沢市出身の加賀象嵌の名工として知られる彫金家。

人物[編集]

明治32年石川県金沢市に生まれる。本名、勝治。家業であった彫金を修得し、象嵌を得意としていた。

大正15年に第13回商工省展で褒状を受ける。昭和3年には「御大典奉祝石川県献上御手筥(ごたいてんほうしゅくいしかわけんけんじょうおてばこ)」を制作。昭和4年に第10回帝展に入選する。

後年は大阪の造幣局に勤務し、戦中に逝去。息子はによる作品で知られる美術家伊藤公象

石川県立美術館に彫金で制作された「銅透彫唐獅子牡丹図手筥(どうすかしぼりからじしぼたんずてばこ)」(大正14年制作)が所蔵されている。