伊藤和典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

伊藤 和典(いとう かずのり、1954年(昭和29年)12月24日 - )は、日本脚本家山形県上山市出身、早稲田大学第一文学部中退。

人物[編集]

山形県上山市映画館「トキワ館」を経営する実家で育ち、中学生の頃は円谷英二の様な特撮監督になりたいと思っていた[1]早稲田大学ではテレビ芸術研究会に所属。大学生の頃に現場を体験しようと「奥様ライオン劇場」と「土曜ワイド劇場」のADを体験し、演出は朝が早いので向かないと達観し脚本家を意識し始める[1]テレビドラマの助監督やシナリオライターのアルバイトを始め、やがて大学は3年で中退した[1]がライターの仕事では食べられずに、アニメ業界へ足を踏み入れる[2]

24歳の頃1年程続けた缶コーヒーの自動販売機のセールスの仕事を休んだ日にスポーツ新聞に日本サンライズの制作進行募集の求人広告を見付け応募[1]。テレビアニメ『サイボーグ009』で制作進行を務めた後、スタジオぴえろへ制作として入社。スタジオぴえろの第1回作品の『ニルスのふしぎな旅』でも制作進行を務め、ここで伊藤はその後のパートナーとなる押井守と知り合う。押井守がチーフディレクターに昇格した『うる星やつら』からは文芸を担当することになった[2]

『うる星やつら』は伊藤が本格的に脚本家としての活動を始めるきっかけとなった作品であり、キャラクターデザイン高田明美とは後に結婚するなど転機となった作品である(後に離婚)。押井、高田らとは後に『機動警察パトレイバー』の原作チームヘッドギアを結成した。

伊藤は『平成ガメラシリーズ』の生みの親でもある。実家の映画館で怪獣映画を見ながら育った根っからの怪獣映画ファン。担当したアニメ作品ではよく怪獣映画のオマージュを取り入れた。また、『ガメラ』を監督した映画監督である金子修介とは、かつての特撮テレビ『ウルトラQ』の劇場映画版を作る予定があったが、流れてしまった経緯がある。

方向性としては、事前に設定を固めて作品全体をコントロールするのではなく、サブライターが考えた設定を適宜・付け足しながら肉付けして、作り上げたキャラクターを走らせることで展開する手法を中心にしている[3]

大の『マジック:ザ・ギャザリング』好きであり、『平成ガメラシリーズ』にはその影響が随所に見られる。また、担当した特撮ドラマにシリコンの要素を含ませる事が多い。

静岡県熱海市在住。

受賞[編集]

主な作品[編集]

その他[編集]

  • 実家の映画館(上山トキワ館)は1990年代まで現役で残っていたが、現在は閉鎖されている。往時の姿は、押井守の映画『紅い眼鏡』や『トーキング・ヘッド』でうかがい知ることができる。
  • 公私ともに付き合いの深い押井守が「犬」をパーソナルシンボルとするのに対し、伊藤は「猫」である。親友のゆうきまさみが伊藤をモデルとして『究極超人あ〜る』に登場させた「文芸部の伊東君」は完全に「猫男」になっていた。

関連項目[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 『魔女っ子倶楽部』バンダイ〈ビークラブ・スペシャル10〉、1987年10月1日、73頁。ISBN 4-891893-26-5。

注釈[編集]

  1. ^ a b c d がたふぇすVol.11機動警察パトレイバー30周年突破記念「OVA-劇パト1展」開催記念トークショー」 - YouTube”. 令和2年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 徳間書店刊『アニメージュ』1983年2月号「プロフェッショナル探訪 Vol.32 伊藤和典」p.81より。
  3. ^ ぴあ刊「機動警察パトレイバー 泉野明ぴあ」pp.28-29より。