伊藤太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 太
いとう ふとし
生年月日 (1949-10-17) 1949年10月17日(69歳)
出生地 愛知県春日井市
出身校 中央大学法学部政治学科
所属政党 無所属
親族 父・伊藤忍(春日井市議会議員)

当選回数 4回
在任期間 2006年5月28日[1] - 現職

当選回数 4回
在任期間 1995年5月1日 - 2006年5月11日[2]
テンプレートを表示

伊藤 太(いとう ふとし、1949年10月17日 - )は、日本政治家愛知県春日井市市長(4期)。

来歴[編集]

愛知県春日井市出身[3]。父親は春日井市議会議員の伊藤忍[4]1973年昭和48年)3月に中央大学法学部政治学科卒業後、三菱重工業に就職。

1995年平成7年)5月に春日井市議会議員選挙に立候補し、初当選。2期目に議会運営委員会委員長や総務委員会委員長を務めた。2003年(平成15年)に3選。第48代春日井市議会議長に就任。

2006年(平成18年)5月1日、春日井市長の鵜飼一郎が身体上の理由により辞職[5]。これを受けて同年5月28日に行われた市長選に出馬。日本共産党公認の候補者を破り初当選。投票率は31.79%[6]

2010年(平成22年)、前回と同じ共産党公認の候補者を破り再選。投票率は28.81%[7]

2014年(平成26年)、3期目の当選。投票率は29.47%[7]

2018年(平成30年)、4期目の当選。自由民主党公明党新政あいちが推薦した。投票率は過去最低の28.62%[8]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 市町村長及び議会議員の任期満了日等一覧表(平成30年12月27日現在) (PDF)”. 愛知県庁. 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ 『中日新聞』2006年5月12日付朝刊、近郊版、18面、「春日井市長選に 出馬の市議辞職」。
  3. ^ 伊藤太Facebook 基本データ
  4. ^ 『中日新聞』1996年7月21日付朝刊、尾張版、尾張、「伊藤忍氏死去」。
  5. ^ 『中日新聞』2006年4月21日付朝刊、県内版、18面、「春日井市長選 伊藤市議が出馬を表明」。
  6. ^ 過去の選挙結果(2006年4月から6月まで)
  7. ^ a b 春日井市長選挙|春日井市公式ホームページ
  8. ^ “住みよいまちづくりに意欲 春日井市長4選の伊藤さん”. 中日新聞. (2018年5月21日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20180521/CK2018052102000048.html 2018年5月23日閲覧。 
  9. ^ 伊藤太・愛知県春日井市長:時事ドットコム
先代:
鵜飼一郎
Flag of Kasugai, Aichi.svg 春日井市長
2006年 -
次代:
(現職)