伊藤徹魯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 徹魯(いとう てつろ、1937年 - 没年不明)は大阪市出身の哺乳類学者。

1937年大阪市生まれ[1]1961年京都大学農学部農林生物学科卒業[2]、京都大学大学院博士課程修了[1]。1971年朝日大学歯学部助手[2][1]。2001年朝日大学歯学部退職[2]尖閣諸島など日本海沿岸や日本の太平洋沿岸に生息していたニホンアシカなど鰭脚類の分布、生態、形態について研究していた[3][4]

著書[編集]

論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]