伊藤忠製糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤忠製糖株式会社
ITOCHU SUGAR CO.,LTD.
TOCHU SUGAR CO.,LTD.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
447-8506
愛知県碧南市玉津浦町3番地
北緯34度51分47.6秒
東経136度57分53.5秒
座標: 北緯34度51分47.6秒 東経136度57分53.5秒
設立 1972年昭和47年)11月2日
業種 食料品
法人番号 1180301015042
事業内容 砂糖等の製造加工販売
代表者 葉山 彰(代表取締役社長)
資本金 20億円(2015年12月現在)
従業員数 約100名(2015年12月現在)
主要株主 伊藤忠商事100%
主要子会社 第一糖業
外部リンク http://www.itochu-sugar.com/
テンプレートを表示

伊藤忠製糖株式会社(いとうちゅうせいとう、ITOCHU SUGAR CO.,LTD. )は、愛知県碧南市に本社を置く製糖会社。

概要[編集]

クルル印』のブランドで砂糖を製造販売している。名古屋圏に高いシェアを有する。伊藤忠商事系列。

1970年代から生産施設の合理化、生産性向上に取り組み、1982年3月の砂糖売り戻し臨時特例法(各社の生産シェアを固定する法律)の期限切れの際には、製糖業界が延長希望に統一しようとするなか、伊藤忠製糖は自社の競争力に対する自信から延長反対を表明した[1]

伊藤忠製糖は市場を名古屋、中京圏に絞り、人員が製糖他社の3分の1とした省力化の進んだ工場などが功を奏し1982年3月の同法期限切れ後の砂糖乱売競争、価格急落の中でも黒字を維持していた。

1982年以降の砂糖不況・製糖業界再編の対策として特定産業構造改善臨時措置法の指定業種になろうとする動きにも反対し、1983年9月20日の同法適用申請の際には精糖工業会メンバーのうち伊藤忠製糖と中日本氷糖と2社だけが申請に加わらなかった。

その後も効率的な経営を継続し、1986年(昭和61年)度の精糖工業会加盟社の平均操業率が73%であったところ、伊藤忠製糖は104%としていた[2]

2002年には宮崎県日向市第一糖業を傘下に収めた。

関連企業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1981年11月23日付朝刊 日本経済新聞
  2. ^ 1988年2月28日付朝刊 日本経済新聞