伊藤昌庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

伊藤 昌庸(いとう まさつね、1880年明治13年)6月20日[1] - 没年不詳)は、日本の内務警察官僚教育者。官選香川県知事

経歴[編集]

山形県南村山郡山形香澄町(現:山形市香澄町)で、旧山形藩士・伊藤喜惣の二男として生まれる[2][3]。貧しさのため小学校入学は9歳で、1894年にはその小学校も退学して山形県庁の給仕として採用され、床次竹二郎内務部長付となる。山形郵便局雇員に転じ、書記補試験に合格[4]

その後、山形県尋常中学校4年に編入し、1900年に卒業。中学同期生の鈴木美通(後に陸軍中将)と共に陸軍士官学校を受験したが、眼病のため不合格となる。1904年東京高等師範学校英語専修科を卒業し、北海道師範学校教諭に就任。1909年、東京高師研究科に入学し、1911年に卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1912年内務省に入省し埼玉県属となる[5][6][7]

以後、埼玉県警視、同理事官・勧業課長、同庶務課長、新潟県理事官・学務課長、島根県警察部長、広島県警察部長、京都府警察部長、大分県書記官・内務部長、福島県書記官・内務部長などを歴任し、1929年に退官[1][2][8]

1931年12月18日、香川県知事として復帰[2]1932年6月28日に知事を休職[9]1933年6月20日に依願免本官となり退官した[10]

1934年3月、帝都教育疑獄への対策のため東京市教育局長に登用され、1937年11月まで在任した[2][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』第10版 上、イ84頁。
  2. ^ a b c d 『日本の歴代知事』第3巻上、431頁。
  3. ^ 『逓信畠の先輩巡礼』260頁。
  4. ^ 『逓信畠の先輩巡礼』262-263頁。
  5. ^ 『逓信畠の先輩巡礼』264-266頁。
  6. ^ a b 「高師出身 新局長の略歴」
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』200頁。
  8. ^ 『逓信畠の先輩巡礼』267頁。
  9. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。
  10. ^ 『官報』第1940号、昭和8年6月21日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代知事』第3巻上、歴代知事編纂会、1982年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 内海朝次郎『逓信畠の先輩巡礼』交通経済社出版部、1935年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 上、1934年。
  • 「高師出身 新局長の略歴」『東京朝日新聞』昭和9年3月7日、朝刊11頁。