伊藤松雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いとう まつお
伊藤 松雄
生年月日 (1895-01-13) 1895年1月13日
没年月日 (1947-08-05) 1947年8月5日(52歳没)
出生地 日本の旗 日本 長野県諏訪郡上諏訪町(現諏訪市
職業 劇作家脚本家演出家
ジャンル 新劇サイレント映画現代劇
活動期間 1913年 - 1947年
主な作品
戯曲集
『危急』[1]
映画脚本集
『忘れな草』[1]
映画脚本
田中栄三監督『忘れな草』
溝口健二監督『暁の死』
テンプレートを表示

伊藤 松雄(いとう まつお、1895年(明治28年)1月13日 - 1947年(昭和22年)8月5日[1])は、日本の劇作家脚本家演出家である[1]

人物・来歴[編集]

1895年(明治28年)1月13日長野県諏訪郡上諏訪町(現諏訪市)に生まれる[1]

東京に移り、旧制・早稲田大学を卒業、満18歳になる1913年(大正2年)、有楽座に加わり、劇作者兼演出家となる[1]。新文芸協会、のちに森英次郎山田隆弥らの舞台協会で新劇を演出した[1]

1920年(大正9年)、戯曲集『危急』を上梓、翌1921年(大正10年)、ショーレム・アッシュの戯曲『夜』を翻訳して上梓している。

舞台協会に属していた1923年(大正12年)、日活向島撮影所と同協会が提携、3作を製作することとなり、うち『忘れな草』、『三つの魂』にオリジナル脚本を書き下ろし、いずれも田中栄三が監督した。同年9月1日の関東大震災で同撮影所は壊滅、撮影所の人員は日活京都撮影所に移転、第二部を形成するが、翌1924年(大正13年)に溝口健二京都で監督した『暁の死』にオリジナルシナリオを提供している。1926年(大正15年)には、郷里に戻り、上諏訪町で郷土劇運動「村の劇場・町の劇場」を創始する[1]

新民謡の創作も行った[1]

1947年(昭和22年)8月5日、死去した[1]。満52歳没。

フィルモグラフィ[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[2]

  • 『危急』、緑葉社、1920年
  • 『夜』、原著シヨロム・アツシユ、一幕物叢書刊行会、1921年 - 一幕物叢書 第1輯 第1編
  • 『カラマーゾフ兄弟』、原著ドストエーフスキイ新潮社、1922年
  • 『くしゃみ太郎』、総文館、1923年
  • 『忘れな草』、黒潮社、1923年 - 映画名作叢書
    • 『忘れな草』『三つの魂』を収録
  • 『想思草後日譚』、花井郁文堂、1925年 - 新劇脚本叢書 1
  • 『日本戯曲全集 現代篇 第18輯』、春陽堂、1929年
  • 『半男半女物語』、万里閣、1930年
  • 『漢詩を探る』、桑文社、1935年
  • 『三百六十五吟集』、桑文社、1935年
  • 『松下村塾』、作品社、1939年
  • 『青年倶楽部』、日本青年館、1941年
  • 『世界名婦人伝』、婦女界社、1941年
  • 『海洋少年隊』、湯川弘文社、1941年
  • 『無敵荒鷲魂』、画田代光、大東亜社、1941年
  • 『支那の唄』、近代小説社、1941年
  • 『秋晴れ峠』、新興亜社、1941年
  • 『世紀の鳥人飯沼正明』、婦女界社、1941年
  • 『サムハンの太陽』、玉井清文堂、1941年
  • 『支那の唄』、近代小説社、1941年
  • 『颱風夜半に帰る』、三杏書院、1941年
  • 『地球の青春』、新興亜社、1941年
  • 『重慶最後の日』、日本出版社、1941年
  • 『大空に生きる』、文松堂、1943年
  • 『愛国の記』、室戸書房、1943年
  • 『半男半女』、一陽社、1947年
  • 『はだかの女賊』、一陽社、1947年
  • 『美しき女賊』、江戸書院、1947年

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 伊藤松雄、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2010年1月6日閲覧。
  2. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年1月6日閲覧。