伊藤涼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 涼太郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イトウ リョウタロウ
ラテン文字 ITO Ryotaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-02-06) 1998年2月6日(21歳)
出身地 大阪府大阪市
身長 174cm[1]
体重 66kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション MF
背番号 46
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- 日本の旗 浦和レッズ 1 (0)
2017-2018 日本の旗 水戸ホーリーホック (loan) 40 (9)
2019- 日本の旗 大分トリニータ (loan)
代表歴2
2013-2014  日本 U-15/16/17
2016  日本 U-18/19 11 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
2. 2016年5月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

伊藤 涼太郎(いとう りょうたろう、1998年2月6日 - )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手Jリーグ大分トリニータ所属。ポジションはミッドフィールダー。マネジメント会社はジェブエンターテイメント[2]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府出身で、中学生時はセレッソ大阪U-15に所属。3年間技術を磨いたが、U-18チームへの昇格は見送られた[3]。「『なぜ』という思いよりも、『自分に足りない物が多すぎる』」と当時の力では昇格は厳しいとは薄々感じていたというが、絶対に見返してやりたいという思いを抱き[3]、知人の紹介で作陽高校サッカー部の練習に参加。そこでのプレーが監督・野村雅之の目に留まり[3]、作陽高へ進学した[4]

高校3年次の8月23日に浦和レッズの練習に招集され、中央大学との練習試合に参加。45分間の出場で1得点1アシストの結果を残すと、当時の浦和監督のミハイロ・ペトロヴィッチからは「今まで来た練習生の中で一番良かった。得点だけじゃなくて他のプレーも良かった。浦和にフィットしている」と賛辞を贈られ、スカウトの山田暢久からも評価された[3]。その後浦和から獲得オファーを受けると、「厳しい所でやった方が伸びるタイプだと自分で理解している」という理由から迷う事無く浦和入りを決意した[3]

浦和時代[編集]

2016年浦和レッズ小島秀仁以来のチーム5年振りの高卒ルーキーとして[5] 入団。当初はボランチとして起用され[6]、開幕戦でベンチメンバー入りを果たすと、4月29日の第9節・名古屋グランパス戦で柏木陽介との交代でプロデビューを果たし、交代直後はボランチ、途中からは本職のシャドーでプレーした[4]。しかしその後は柏木、阿部勇樹青木拓矢遠藤航らライバルの存在により出場機会が訪れず、同年は公式戦1試合出場に留まった[6]

2017年は同じポジションの矢島慎也長澤和輝が期限付き移籍先から復帰し、更に競争が激化。伊藤自身はミニゲームにすら参加できない状況も生まれた[6]。8月30日のルヴァンカップ準々決勝のセレッソ大阪戦ではスタメンとして出場し、下部組織時代に所属していた相手にドリブルで躍動したが[7]、一方で公式戦のピッチへの慣れや体力面で戸惑い、63分に交代を命じられた[6]

水戸時代[編集]

東京オリンピック出場を目指し、出場機会を得る為に[8] 2017年9月、J2リーグ水戸ホーリーホック育成型期限付き移籍で加入[9]。翌2018年も移籍期間を延長し水戸でプレー。ピッチ外での意識を変え、食事や体力作りを見直した[8]。シーズン序盤こそ定位置を掴めずにいたが、第3節の讃岐戦でプロ入り初得点をマークすると[10]、第14節の岡山戦では移籍後初先発を果たし2得点で勝利に貢献するなど[11] 存在感を見せ先発に定着[8]ジェフェルソン・バイアーノ(11得点)に次ぐチーム2位の9得点をマークしチームを牽引した[8]

大分時代[編集]

2019年より、J1に昇格した大分トリニータ期限付き移籍で加入[12]

人物・エピソード[編集]

  • 思ったことはハッキリと口に出す強気な性格[6]。かつてチームメイトであった梅崎司は伊藤について「凄く『自分』というものを持っている。良い意味で強気というか、臆さないと言うか。そういう強い気持ちを持っているし、実力もある。凄く楽しみな選手」と語っている[4]
  • 期限付き移籍について、かつては「厳しい環境で戦えず、試合に出られる可能性を感じられなくなった選手が選ぶこと」と否定的な考えを抱いていたが、その後2017年に東京五輪(2020年)に出場する為に環境を変える事が必要と判断し、考えを改め水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を選択している[6]
  • 水戸及び大分での背番号「46」は浦和時代の同僚で、かつて愛媛FCへの期限付き移籍を経てサンフレッチェ広島に復帰し、後に浦和に移籍した経歴を持つ森脇良太にあやかったものである[13]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 浦和 26 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2017 0 0 1 0 0 0 1 0
水戸 46 J2 6 0 - - 6 0
2018 34 9 - 1 0 35 9
2019 大分 J1
通算 日本 J1 1 0 1 0 0 0 2 0
日本 J2 40 9 - 1 0 41 9
総通算 41 9 1 0 1 0 43 9
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 浦和 26 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッズ

代表歴[編集]

  • U-15日本代表(2013年)
  • U-16日本代表(2014年)
  • U-17日本代表
    • 第18回国際ユースサッカー in 新潟(2014年)
  • U-18日本代表
    • 第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント(2016年)
  • U-19日本代表
    • バーレーンU-19カップ(2016年)
    • 水原JSカップ U-19国際ユースサッカー大会(2016年)

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 伊藤 涼太郎:大分トリニータ”. 日本プロサッカーリーグ. 2019年2月19日閲覧。
  2. ^ 伊藤 涼太郎”. 株式会社ジェブエンターテイメント. 2018年12月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e 高校生が浦和に入団するという意味――。作陽の10番・伊藤涼太郎が下した決断”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2015年10月26日). 2019年2月5日閲覧。
  4. ^ a b c “A代表に近いクラブ”レッズの新人、伊藤涼太郎のビッグマウス台詞集。”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2016年5月3日). 2019年2月5日閲覧。
  5. ^ 5年ぶり高卒ルーキーの作陽高・伊藤がチーム合流 スポーツ報知、2016年1月17日
  6. ^ a b c d e f 浦和→代表→海外のはずが……。19歳伊藤涼太郎、J2水戸で再出発。”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2017年10月20日). 2019年2月5日閲覧。
  7. ^ 第1戦はスコアレス…C大阪は「ゼロで抑えたこと」を評価、浦和はC大阪U-15出身伊藤が躍動 ゲキサカ(2017年8月30日)
  8. ^ a b c d 東京五輪からの“逆算”…水戸で花開いた伊藤涼太郎の現在地「一日一日を無駄にできない」”. ゲキサカ. 講談社 (2018年10月7日). 2018年12月25日閲覧。
  9. ^ 伊藤 涼太郎 選手 浦和レッズより育成型期限付き移籍加入のお知らせ 水戸ホーリーホック(2017年9月9日)
  10. ^ 伊藤涼太郎がプロ初得点!!好調の水戸、アウェー讃岐戦初白星で3位浮上 ゲキサカ(2018年3月11日)
  11. ^ 水戸は作陽出身MF伊藤涼太郎のワンマンショー!!20歳MFがチームの“不安要素”打ち消し上位の岡山撃破 ゲキサカ(2018年5月13日)
  12. ^ “伊藤涼太郎選手 浦和レッズより期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2018年12月25日), https://www.oita-trinita.co.jp/news/20181248088/ 2019年2月6日閲覧。 
  13. ^ 浦和「46番」のサクセスストーリーにあやかって――20歳・伊藤涼太郎がレンタル移籍先の水戸で急成長を遂げたワケ”. サッカーダイジェストWeb. 日本スポーツ企画出版社 (2018年9月15日). 2019年2月5日閲覧。