伊藤秀史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 秀史
生誕 1959年10月??[1]
研究機関 早稲田大学大学院経営管理研究科
一橋大学大学院商学研究科
大阪大学社会経済研究所
京都大学経済学部
研究分野 契約理論[1]
組織の経済学[1]
行動経済学[1]
母校

一橋大学 (学士および修士) [1]

スタンフォード大学 (Ph.D.)[1]
博士課程
指導教員
デイビッド・クレプス
他の指導教員 伊丹敬之[2]
受賞 冲永賞1993年
日本経済学会中原賞2003年[3]
テンプレートを表示

伊藤 秀史(いとう ひでし、1959年10月[4] - )は、日本経済学者早稲田大学教授。専門は組織の経済学契約理論行動経済学[1]2003年には日本経済学会中原賞を受賞[3]

来歴[編集]

1959年[1]石川県金沢市生まれ[4]三重県四日市市及び神奈川県川崎市多摩区育ち[4]。1978年に神奈川県立多摩高等学校を卒業[4]後、一橋大学商学部に進学。1982年大学卒業後、同大学院商学部研究科経て、米国スタンフォード大学に留学し、1988年同大学より意思決定科学専攻としてPh.D.を取得した[1]。学位取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係・環太平洋研究大学院客員助教授(1988年-1990年)、京都大学経済学部助教授 (1988年-1996年)、スタンフォード大学経済学部客員准教授(1993年)、大阪大学社会経済研究所助教授 (1996年-2000年)、コロンビア大学経済学部客員准教授(1998年)、一橋大学大学院商学研究科教授(2000年-2017年)、早稲田大学大学院経営管理研究科教授(2017年-)。1993年冲永賞受賞。2003年には日本経済学会から国際的に高い研究業績を挙げていることを評価され中原賞を受賞した[3][4]

著作[編集]

編著[編集]

訳書[編集]

  • 『組織の経済学』(ポール・ミルグロム、ジョン・ロバーツ著/今井晴雄、奥野正寛、八木甫と共訳)NTT出版、1997年11月
  • 『経営戦略のゲーム理論 —交渉・契約・入札の戦略分析』(ジョン・マクミラン著/林田修と共訳)有斐閣、1995年9月

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i CURRICULUM VITAE (PDF)” (英語). 2016年5月閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b c 2003年度中原賞受賞者”. 日本経済学会. 2016年5月閲覧。
  4. ^ a b c d e 「日本語のページ 」Hideshi Itoh