伊藤辰哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 辰哉(いとう たつや、1976年12月21日 - )は、1990年代後半から2000年代前半にかけて活躍した日本の陸上競技選手。1997年に初めて20秒台に突入し、以来コンスタントに20秒台をマークしている。2002年アジア選手権200m代表。群馬県出身。

チーム遍歴[編集]

経歴[編集]

  • 順天堂大学に入学後、一躍日本のトップ選手に成長。卒業後は富士通に入社。伊東浩司土江寛裕ら稀代の名スプリンターと親交を結ぶ。
  • 2000年 第84回日本選手権で200mに20秒93の好記録をマークし石塚英樹・福長正彦に次ぐ3位に入る。全日本実業団対抗選手権でも21秒09で3位。
  • 2001年 実業団・学生対抗で100mに10秒35(+1.2)で優勝。大会最優秀選手に選出される。また、全日本実業団選手権では、土江寛裕らと組んだ4×100mRで優勝。
  • 2002年 南部忠平記念で200mに出場、20秒90の大会新をマークするが、末續慎吾に敗れ準優勝。第36回織田幹雄記念では200mに出場し、Morne NAGEL(南アフリカ)、徐自宙(中国)に次ぐ3位に入る、タイムは21秒14。
  • 同年、第86回日本選手権で200mに出場、21秒10の好記録をマークするが、宮崎久に敗れ準優勝。日本選手権リレーでは4×100mリレーに土江寛裕・伊藤辰哉・藤本俊之・河邉崇雄のオーダーで臨み39秒44をマークし準優勝。
  • 2003年 第87回日本選手権200mで20秒72をマークし、パリ世界陸上の参加標準記録B(20秒75)を突破した。しかし、国内での代表選考に漏れ出場できず。
  • 2004年 第88回日本選手権で200mに出場、予選で2+2のところに高橋和裕と宮崎久と同じ組になるという不運に見舞われ、21秒31をマークしたものの決勝に進出することができなかった。

関連文献[編集]

  • 「月刊陸上競技」1998年11月号
  • 「月刊陸上競技」1999年3月号