伊藤隆佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いとう りゅうすけ
伊藤 隆佑
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区
生年月日 (1983-07-23) 1983年7月23日(37歳)
最終学歴 学習院大学文学部哲学科
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科
勤務局 TBSテレビ
活動期間 2006年 -
ジャンル スポーツ
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中 スポーツ中継(ボクシング野球など)
S☆1
JNNフラッシュニュース
出演経歴NEWS23
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

伊藤 隆佑(いとう りゅうすけ、1983年7月23日 - )は、TBSテレビアナウンサー防災士修士(スポーツ科学)。

来歴[編集]

東京都練馬区生まれの埼玉県東松山市育ち[1]埼玉県立松山高等学校学習院大学文学部哲学科卒業[2]。中学時代に生徒会長、松山高校では硬式野球部に所属し主将、学習院大学でもアメリカンフットボール部主将を務めた[1]

2006年に、アナウンサーとしてTBSテレビへ入社。同期入社のアナウンサーは出水麻衣水野真裕美がいる。入社後はスポーツアナウンサーとして活動するかたわら、『NEWS23』のスポーツキャスターや『S☆1』(スポーツニュース番組)のキャスターを務めている。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、ジャパンコンソーシアムのメンバーとして一部の競技中継を実況。バドミントン女子ダブルス決勝の高橋礼華松友美佐紀組(日本) - クリスティナ・ペデルセンカミラ・リター・ユールドイツ語版組(デンマーク)戦などを担当した[1]

また、男子ゴルフメジャー選手権の1つであるマスターズ・トーナメントでは、松山英樹が初めて出場した2011年から日本向けテレビ中継のラウンドリポートを担当。松山にとって10回目の出場になった2021年の第85回大会中継では、松山が最終日(日本時間4月12日)にアジア出身選手としての初優勝を決めるまでの全72ホールに帯同したほか、松山への優勝者インタビュアーも務めた[3]

その一方で、2011年に東日本大震災が発災してからは、津波の被害が大きかった地域の取材や、ヘリコプターによる福島第一原子力発電所事故上空からの中継リポートを担当。一連の取材を通じて「救えた命は限りなく少なかった」「災害報道は被災地域で暮らす人々の力になれていないのではないか?」という自責の念に駆られたことから、月に1回のペースで仮設住宅の避難者に生活物資を届けるボランティア活動を3年間続けたうえで、2017年2月に防災士の資格を取得した[4]

2020年4月からは、TBSテレビへの勤務を続けながら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程(1年制)へ進学。稀勢の里寛大相撲第16代荒磯親方、元・横綱)や木村弘毅ミクシィ代表取締役社長)などと共に平田竹男研究室で学んだ後に、2021年3月で修了した。修士論文のテーマは「歴代オリンピック名場面における実況アナウンスの成功要因」で、この論文で修士(スポーツ科学)の学位を取得するとともに、同研究科から特別賞を授与されている。

人物[編集]

身長は179 cm、体重は75 kg[5]。防災士や修士号以外にも、PADIオープン・ウォーター・ダイバーや日本漢字能力検定2級を取得しているほか、イベント検定に合格している[2]。TBS入社後の2016年に結婚[1]

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • 炎の体育会TV(不定期)
  • 侍プロ野球などスポーツ中継
    近年では、全国ネットのプロボクシング中継でメイン実況を担当。世界タイトルマッチの中継では、井岡一翔WBCミニマム級新チャンピオン決定(2011年2月11日)、同タイトルの初防衛(同年8月10日)、日本人初のWBC・WBA統一チャンピオン決定(2012年6月20日)、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチにおける日本人ボクサー最短(11戦目)での2階級制覇(同年12月31日)、WBO世界スーパーフライ級王座決定戦での日本人男子初の4階級制覇(2019年6月19日)の瞬間を伝えた。また、世界陸上ベルリン(2009年)・世界陸上韓国テグ(2011年)の中継にも、スポーツアナウンサーとして帯同している。
  • S☆1
    2011年4月から2012年9月まで、若手・中堅スポーツアナウンサーのローテーションによる「生読み担当」として、日曜日の放送に出演。2012年から4月から9月までは、後輩アナウンサー・石井大裕と交互に隔週土曜日の『JNNニュース』を担当していた。
    2012年のロンドンオリンピック期間中には、先輩のスポーツアナウンサーで当時の進行キャスターだった佐藤文康がラジオ実況のアナウンサーとしてジャパンコンソーシアムへ派遣されたため、佐藤の代役を務めた。2017年4月から、佐藤の後任として、後輩アナウンサーの上村彩子と共に土・日曜のMC兼取材キャスターへ就任。

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]