伊豆国の式内社一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊豆国の式内社一覧(いずのくにのしきないしゃいちらん)は、『延喜式』第9巻・第10巻「神名帳上下」(延喜式神名帳)に記載のある神社、いわゆる「式内社」およびその論社のうち、伊豆国に分類されている神社の一覧。

また『延喜式』神名帳の編纂当時に存在したが同帳に記載の無い神社、いわゆる「式外社」についても付記する。

式内社[編集]

『延喜式』神名帳では、大社5座5社(いずれも名神大社)・小社87座83社の計92座88社を記載。

(凡例)

1)「神名帳」列は、『延喜式 上巻』(大岡山書店、昭和4年、国立国会図書館デジタルコレクション)等における『延喜式神名帳の記載を基に作成。社名表記は神社史料集成(5を参照)における字体(異体字がある場合には新字体・通用性の高い字体を使用)を基準とした。読みの「-」部分は、「神社」以外で仮名が振られていない部分。「○座」は座数を表し、一座の場合は記載していない。
2)格の「名神大」は名神大社を、「大」は式内大社(名神大社除く)を、「小」は式内小社を意味する。付記は社名とともに記されているもので、一部は「式内社#式内社の社格」を参照。
3)比定社が複数ある場合、最も有力なものを無冠で示し、他の論社には「(論)」を冠した。
4)本来の式内社とは認めがたいものの、式内社を合祀したなどその後継を主張するもの、その他参考の神社には「(参)」を冠した。

5)「集成」列は神社史料集成(國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」)における神社項へのリンク先を記載。
神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
賀茂郡 46座(大4座・小44座)
伊豆三島神社 -シマノ 名神大 月次新嘗 三嶋大社 静岡県三島市大宮町 伊豆国一宮総社[1] [1]
波布比売命神社 ハフヒメノ- 波布比咩命神社 東京都大島町波浮港
(論)波布比咩命神社 静岡県下田市本郷 伊豆半島の遥拝所か
伊賀牟比売命神社 イカムヒメノ- 后神社 東京都三宅村伊ヶ谷
(論)浅間神社 静岡県三島市芝本町 伊豆国三宮のち二宮[注 1]
伊古奈比咩命神社 イコナヒメノ- 名神大 伊古奈比咩命神社
(白濱神社)
静岡県下田市白浜 [2]
佐伎多麻比咩命神社 サキタマヒメノ- 御笏神社 東京都三宅村神着
(論)波夜多麻和氣命神社 静岡県下田市相玉
(論)両神社 静岡県下田市須崎
伊大弖和気命神社 イタテワケノ- 稲根神社 東京都御蔵島村
阿豆佐和気命神社 アツサワケノ- 阿豆佐和氣命神社 東京都利島村
多祁美加々命神社 タケミカカノ- (論)大三王子神社 東京都新島村本村
(論)若宮 静岡県下田市吉佐美 八幡宮境内社
物忌奈命神社 モノイミナノ- 名神大 物忌奈命神社 東京都神津島村 [3]
(参)天神社 静岡県三島市川原ヶ谷 国府の遥拝所か[2]
波夜多麻和気命神社 ハヤタマワケノミコト (論)波夜多麻和氣命神社 静岡県下田市相玉
伊波例命神社 イハレ- (論)石室神社 静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎
(論)八幡宮来宮神社 静岡県伊東市八幡野
伊豆奈比咩命神社 イツナヒメノ- (論)走湯神社 静岡県下田市大賀茂
阿米都和気命神社
(阿米都気命神社)
アメツワケノ- 富賀神社 東京都三宅村阿古
波夜志命神社 ハヤシノ- (論)走湯神社 静岡県下田市大賀茂
(論)合祀:御笏神社 東京都三宅村神着
優波夷命神社 ウハイノ- 優婆夷宝明神社 東京都八丈町大賀郷
片菅命神社 カタスカノ- (論)合祀:御笏神社 東京都三宅村神着
(論)片菅神社 東京都三宅村神着
(論)若宮神社 東京都三宅村伊ヶ谷 后神社境内社
久良恵命神社 クラヱノ- 合祀:二宮神社 東京都三宅村坪田
夜須命神社 ヤスノ- (論)合祀:二宮神社 東京都三宅村坪田
(論)嶽比良神社 東京都三宅村伊豆
奈疑知命神社 ナキチ- 奈疑知命神社 静岡県賀茂郡河津町
加弥命神社 カミノ- (論)合祀:御笏神社 東京都三宅村神着
(論)合祀:二宮神社 東京都三宅村坪田
弖良命神社 テラノ- (論)山ノ神 静岡県賀茂郡南伊豆町二條
(論)八王子社 静岡県下田市中八王子
(論)神澤神社 東京都三宅村伊豆
許志伎命神社 コシキノ- 優婆夷宝明神社 東京都八丈町大賀郷
多祁伊志豆伎命神社 タケイシツキノ- (論)竹麻神社 静岡県下田市高馬
(論)見高神社 静岡県賀茂郡河津町見高
(論)合祀:姫宮神社 静岡県賀茂郡南伊豆町一色
(論)三島神社 静岡県賀茂郡南伊豆町青野
久尓都比咩命神社
(久爾都比咩命神社)
クニツヒメノ- 泊神社 東京都新島村式根島
伊波乃比咩命神社 イハノヒメノ- (論)雲見浅間神社 静岡県賀茂郡松崎町雲見
(論)合祀:二宮神社 東京都三宅村坪田
杉桙別命神社 スキホコ- (論)杉桙別命神社 静岡県賀茂郡河津町田中
(論)来宮神社 静岡県伊豆市八幡
多祁富許都久和気命神社 タケホコツクワケノ- 合祀:三嶋神社 静岡県下田市柿崎
伊波久良和気命神社 イハクラワケノ- (論)八幡宮来宮神社 静岡県伊東市八幡野
(論)熊野神社 静岡県賀茂郡南伊豆町岩殿
(論)八幡神社 静岡県賀茂郡南伊豆町子浦
意波与命神社 オハヨノ-
(名神大)[注 2]
(論)浅間神社 静岡県下田市本郷
阿米都加多比咩命神社 アメツカタヒメノ- 三島神社 静岡県賀茂郡南伊豆町下小野
伊波比咩命神社 イハヒメノ- 姫宮神社 静岡県賀茂郡南伊豆町一色
阿波神社 アハノ 名神大 阿波命神社 東京都神津島村長浜 [4]
志理太宜神社
(志理太乎宜神社)
シリタキノ (論)椎取神社 東京都三宅村神着
(論)志理太乎宜神社 静岡県東伊豆町白田
南子神社 ミナミコノ (論)南子神社 静岡県下田市神子元島
(論)南子神社 東京都三宅村神着
(論)合祀:御笏神社 東京都三宅村神着
(論)南子宮 東京都三宅村伊ヶ谷 后神社境内社
阿治古神社 アチコ 大宮神社 東京都大島町野増
伊波弖別命神社 イハテワケノ- (論)諏訪神社 静岡県賀茂郡南伊豆町岩殿
(論)右内神社 静岡県三島市梅名
穂都佐和気命神社 ホツサケノ- (論)王子神社 静岡県賀茂郡南伊豆町大瀬
(論)両神社 静岡県下田市須崎
(論)三島神社 静岡県賀茂郡南伊豆町入間
大津往命神社 オホツノユキノ- 三島神社 静岡県賀茂郡南伊豆町妻良
(論)波布比咩命神社 静岡県下田市本郷
(論)大津往命神社 静岡県賀茂郡南伊豆町手石
波治神社 ハチノ 波知加麻神社 東京都大島町泉津
布佐乎宜神社 フサヲキノ (論)三嶋神社 静岡県賀茂郡河津町逆川
(論)三嶋神社 静岡県賀茂郡河津町川津筏場
佐々原比咩命神社 ササハラヒメ- 姫宮神社 静岡県賀茂郡河津町笹原
竹麻神社 三座 タカマ
ツクマノ
月間神社 静岡県賀茂郡南伊豆町手石 三座のうち一座
合祀:八幡宮 静岡県下田市吉佐美 三座のうち一座
若宮神社 静岡県賀茂郡南伊豆町湊 三座のうち一座
加毛神社 二座 カモノ 加畑賀茂神社 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂 二座のうち一座
三島神社 静岡県賀茂郡南伊豆町二條 二座のうち一座
田方郡 24座(大1座・小23座)
荒木神社 アラキノ
文梨神社 フムナシノ (論)左内神社 静岡県三島市中島
(論)満宮神社 静岡県田方郡函南町塚本
(論)神明神社 静岡県沼津市西浦江梨
軽野神社 カロノノ
倭文神社 シトリノ
高椅神社
長浜神社 ナカハマノ
久豆弥神社 クツミノ (論)葛見神社 静岡県伊東市馬場町
(論)湯前神社 静岡県熱海市上宿町
石徳高神社 イハトコノ
イハトクタカノ
伊加麻志神社 イカマシノ
広瀬神社 ヒロセノ 広瀬神社 静岡県伊豆の国市田京
(参)広瀬神社 静岡県三島市一番町 伊豆国四宮[3]
国府の遥拝所か[4]
小河泉水神社 ヲカハイツミノ-
大朝神社 オホアサノ (論)大朝神社 静岡県沼津市下香貫
(論)大宮神社 静岡県伊豆市上白岩
(論)赤王神社 静岡県三島市大場
(論)鷲頭神社 静岡県沼津市大平
玉作水神社 タマツクリノ-
楊原神社 ヤナキハラ 名神大[注 3]   楊原神社 静岡県沼津市下香貫 [5]
(参)楊原神社 静岡県三島市北田町 国府の遥拝所か[5]
加理波夜須多祁比波預命神社 カリハヤスタケヒハヨノ-
剣刀乎夜尓命神社 タチヲヤニノ-
火牟須比命神社 ホムスヒノ- (論)伊豆山神社 静岡県熱海市伊豆山
(論)雷電社 静岡県熱海市伊豆山 伊豆山神社摂社
(論)本宮神社 静岡県熱海市伊豆山
(参)浅間神社 静岡県三島市芝本町 伊豆国三宮のち二宮[注 1]
国府の遥拝所か[4]
白浪之弥奈阿和命神社 シラナミノミナアワノ-
金村五百君和気命神社 カナムライホキミ-
引手力命神社 ヒキタチカラノ- (論)引手力男神社 静岡県伊東市十足
(論)引手力命神社 静岡県沼津市西浦江梨
金村五百村咩命神社 -ヒメノ-
阿米都瀬気多知命神社 アメツセノ- (論)左内神社 静岡県三島市中島
(論)右内神社 静岡県三島市梅名
剣刀石床別命神社 ツルキタチイハトコワケノ- 劒刀石床別命神社 静岡県三島市谷田
鮑玉白珠比咩命神社
那賀郡 22座(並小)
箕勾神社 ミノワノ
伊志夫神社 イシフノ
伊那上神社 イナカミノ
仲神社 ナカノ
井田神社 -タノ
伊那下神社 イナシモノ
仲大歳神社 -オホトシノ
多尓夜神社 タニヤノ
哆胡神社[注 4] タコノ
宇久須神社 ウクスノ
部多神社 ヘタノ
佐波神社 二座 サハノ
布刀主若玉命神社 フトヌシノ-
国柱命神社 クニノミハシラノ-
稲宮命神社 イナミヤノ-
石倉命神社 イハクラノ-
国玉命神社 クニタマノ-
甕玉命神社 ミカタマノ-
国玉命神社 クニタマノ-
豊御玉命神社 トヨミタマノ-
青玉比売命神社 アヲタマヒメノ-
  1. ^ a b 二宮は若宮神社(現・三嶋大社境内摂社)であったが、同社が三嶋大社境内に遷座するに伴い、浅間神社が三宮から二宮に格上げされたという (中世諸国一宮制 & 2000年, p. 162)。
  2. ^ 意波与命神社の名神大は、写本により楊原神社との間で異同がある。九条家本は意波与命神社とするが、流布本では楊原神社とする(『静岡県の歴史』(山川出版社)p50)。
  3. ^ 楊原神社の名神大は、写本により意波与命神社との間で異同がある。九条家本は意波与命神社とするが、流布本では楊原神社とする(『静岡県の歴史』(山川出版社)p50)。
  4. ^ 1字目は「口偏に多」。

式外社[編集]

『延喜式』神名帳の編纂当時に存在したが、同帳に記載の無い神社。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 皇典講究所・全国神職会校訂『延喜式 上巻』(大岡山書店、昭和4年) - 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 『延喜式 第2』(日本古典全集刊行会、昭和4年) - 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 『増訂豆州志稿 巻八上』 秋山章纂修、萩原正平増訂。
  • 『中世諸国一宮制の基礎的研究』 中世諸国一宮制研究会編、岩田書院、2000年。ISBN 978-4872941708。

関連項目[編集]