伊豆国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊豆国造(いずのくにみやつこ・いずこくぞう)は、伊豆国を支配した国造


概要[編集]

祖先[編集]

『先代旧事本紀』「国造本紀」には国造の祖は物部連の祖・天蕤桙命の八世孫の若建命と伝わるが、天児屋命の子・天御桙命も伊豆国造の祖とされており、実際は服部連の誤読か。神功皇后朝に伊豆国造に任じられたという。

氏族[編集]

伊豆氏(いずうじ、)で、後に日下部氏(くさかべうじ、姓は)。

本拠[編集]

不明。

支配領域[編集]

のちの伊豆国全域で、現在の静岡県伊豆半島

氏神[編集]

不明。

子孫[編集]

  • 日下部益人
    奈良時代の地方豪族。伊豆国造伊豆直の姓を賜る。久良麻呂の子。
  • 伊豆乎美奈
    奈良時代の官人。従五位下。益人の子。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 『日本史総覧』(新人物往来社