伊達勝身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊達 勝身
だて かつみ
生年月日 (1943-08-26) 1943年8月26日(75歳)
出生地 岩手県下閉伊郡岩泉町
出身校 早稲田大学社会科学部
所属政党 無所属

当選回数 5回
在任期間 1999年12月26日[1] - 2017年12月9日
テンプレートを表示

伊達 勝身(だて かつみ、1943年昭和18年)8月26日 - )は、日本の実業家、政治家。岩泉産業開発、岩泉乳業各代表取締役会長[2]。元岩手県下閉伊郡岩泉町長(5期)。

来歴[編集]

岩手県下閉伊郡有芸村出身。1970年(昭和45年)、早稲田大学社会科学部卒業[3]田野畑村役場に奉職。

田野畑村産業開発公社、岩泉町産業開発公社専務理事を経て1999年(平成11年)、岩泉町長に初当選した[3]2015年(平成27年)、無投票で再選、5選を果たした[3]

人物[編集]

不祥事[編集]

2016年(平成28年)8月に台風第10号が岩手県に上陸した際、町としての対応が批判された。8月30日午前9時、伊達は町内全域に避難準備情報を出し、午後2時には町役場の北側の地区に避難勧告を発令したが、東側地区には避難指示や勧告を出さなかった。結果として、東側にあった高齢者グループホームにいた人々はとり残され入所者9人が死亡した。伊達は「残念ながら油断していた。申し訳ない」と謝罪。岩泉町では関連死も含めて23人が死亡した[4][5]

2017年(平成29年)10月中旬、岩手日報社の女性記者が取材で宿泊していた岩泉町内のホテルを訪ね、何度もドアをノック。記者が開けると部屋に入り、無理やり抱き付いて複数回キスをした。記者は精神的ショックで休職。岩手日報社が謝罪するよう求めたところ、伊達は台風10号豪雨への対応で2017年2月に心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されたことが原因だと回答した。当日の自身の状況について「顔を洗い髭を剃ろうとしたら突然『助けて』という声がしてきた。前の日に会食した記者が連れて行かれる幻聴に襲われ、ドアをノックして電話したら出てきて『ああ良かった』と思わずハグをした」と説明した[6]。また、伊達はわいせつ行為に及んだ直後の10月25日、PTSDを理由に盛岡市内の病院に入院している。12月5日に公務復帰[5]。12月8日、町議会に9日付の辞職を申し出て、全会一致で承認された[7]

脚注[編集]