伊達宗綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達宗綱
時代 鎌倉時代
生誕 建長6年(1254年)?
死没 文保元年2月7日1317年3月20日)?
別名 甲斐小太郎
諡号 真西公
戒名 発光院殿華屋浄蓮大居士
氏族 伊達氏
父母 父:伊達政依
兄弟 宗綱・桑折親長・白石宗弘
基宗・宗昌・瀬上行綱
テンプレートを表示

伊達 宗綱(だて むねつな)は、鎌倉時代中期の御家人通称は甲斐小太郎。伊達氏5代当主。

略歴[編集]

伊達政依の嫡男。子に基宗、宗昌(彦二郎)、瀬上行綱(肥後守、瀬上五郎)がいる。

弟の宗弘は白石長俊の養嗣子となり、白石氏を称している。

なお、同時代に但馬伊達氏の伊達朝綱の息子にも同名の人物が存在する(通称は修理亮三郎)。