伊達宗賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊達 宗賢(だて むねやす、享和2年(1802年) - 元治元年(1864年))は、仙台藩主一門・宮床伊達家当主。子に伊達邦孚、和田為泰など。知行8000石。通称は勝三郎、六郎。

経歴[編集]

宮床伊達家当主伊達宗規の子として生まれる。元服時に仙台藩主の伊達斉宗より偏諱を賜って宗賢と名乗る。当主として、養蚕の振興や自ら茶園を経営するなどの施策をした。漢詩の名人として、「島津の三郎(島津久光)、伊達の六郎」と言われるほど、朝廷にも名の知られた存在であったと言う。気性は廉直であったと伝わる。

参考文献[編集]