伊達宗遠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達宗遠
時代 南北朝時代
生誕 正中元年(1324年
死没 元中2年/至徳2年5月20日1385年6月28日
諡号 定叟公
戒名 定叟
官位 従五位下弾正少弼
氏族 伊達氏
父母 伊達行朝、田村氏娘・静照院
兄弟 宗遠、行資
結城宗広娘・高明院
政宗、大條宗行、最上直家正室
テンプレートを表示

伊達 宗遠(だて むねとお)は、南北朝時代武将官位従五位下弾正少弼伊達氏8代当主。

生涯[編集]

天授6年/康暦2年(1380年)頃から長井氏を攻め立てた。宗遠は周辺各氏との一揆契約や騙し討ちなどの謀略を駆使し、長井氏を確実に切り崩していった。結局元中2年/至徳2年(1385年)には長井氏は滅亡し、伊達氏は米沢を手に入れる事になった。

天授7年/康暦3年(1381年)には大崎氏と戦い信夫郡刈田郡伊具郡柴田郡を奪い、また、武石行胤を破り亘理郡も実質的な支配下に組み入れている。

この時代には小沢氏、余目氏などと一揆契約を結んでいる。また、米沢の成島八幡宮の拝殿を改築している。

宗遠の子・宗行は大條氏(大枝)[1]の祖となった。

系譜[編集]

系譜の疑問点[編集]

伊達氏初期系図には色々と差異が生じていたり、同時代の史料と食い違う部分も見られる。

行宗-宗遠の場合、1348年の『奥州管領吉良貞家の書状』の中に「伊達宮内大輔行朝者死去、子息万寿丸幼稚代官伊達修理亮宗政」とみえ、また宗遠の初見は1342年の『五辻顕尚の書状』の中の伊達飛騨前司とある為、宗遠は行宗(行朝)の子息で無い可能性も指摘されている[2]

1377年に伊達宗政(修理亮)が留守持家と一揆を結んだとの史料(一揆契約の書状)もあり、修理亮宗政と宗遠が同時代の人であることがわかる。

脚注[編集]

  1. ^ 大條氏本家は明治期に伊達に復姓している。お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおはその末裔にあたる。
  2. ^ 小林清治『東昌寺と陸奥安国寺』、『伊達政宗のすべて』(新人物往来社)