伊達定宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達定宗
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正2年(1574年
死没 承応元年11月29日1652年12月29日
改名 長松丸(幼名)、亘理定宗、伊達定宗
別名 源五郎、右近
戒名 祗劫院林叟凍雲大居士
墓所 宮城県大崎市の祗劫寺
官位 安芸守
主君 伊達政宗忠宗
陸奥仙台藩
氏族 亘理氏涌谷伊達家
父母 亘理重宗相馬盛胤娘・真如院
兄弟 亘理御前、定宗、鮎貝宗益室、泉田重時、大立目宗直室、粟野重次、坂本定俊室、
榮頌院
黒木宗俊娘・桂昌院
宗実宗重、多与
テンプレートを表示

伊達 定宗(だて さだむね)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将伊達家の重臣。亘理氏19代当主。のち陸奥国仙台藩一門第四席涌谷伊達家初代当主。

生涯[編集]

天正2年(1574年)、18代当主・亘理重宗の子として誕生。

元服当初の名は亘理定宗慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際には、上杉景勝領の白石城攻略戦で活躍した。慶長9年(1604年)10月、父・重宗の隠居に伴い家督を相続して遠田郡涌谷城主となったが、慶長11年(1606年)に藩主・伊達政宗の庶子である宗根が定宗の妹を娶り、同時に重宗の隠居領である高清水城と併せて亘理氏の名跡を継ぐことになったため、その代わりに政宗から「竹雀紋」および「竪三引両紋」を下賜されて伊達姓を名乗ることを許され、伊達定宗と名を改めた。これ以降、定宗の家を涌谷伊達家と称し、当主は代々伊達安芸通称とした。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣にも従軍し、大坂冬の陣では政宗の旗本30騎を預かり、大坂夏の陣では3000余の兵を率いて戦った。元和3年(1617年)、政宗の嫡男・忠宗に2代将軍・徳川秀忠の養女・振姫が嫁いだときには政宗の名代として秀忠に拝謁している。元和8年(1622年)には、改易された最上家清水城を受け取りに赴いた。また、寛永13年(1636年)に政宗が死去した際には、江戸城に参上して3代将軍・徳川家光に拝謁し、忠宗襲封の報告を行った。

寛永16年(1639年)、嫡男・宗実が父に先立って死去すると、婿養子として準一家・天童家を継いでいた次男の天童頼長が呼び戻されて世子となった。これが伊達騒動で有名な伊達安芸宗重である。慶安4年(1651年)にはその宗重に家督を譲って隠居した。

承応元年(1652年)11月29日、死去した。享年79。

系譜[編集]

  • 父:亘理重宗(1552-1620)
  • 母:真如院 - 相馬盛胤の娘
  • 正室:桂昌院 - 黒木宗俊の娘
    • 長男:伊達宗実(1611-1639)
    • 次男:伊達宗重(1615-1671) - 始め天童重頼養子、のち涌谷伊達家に戻り2代当主
  • 生母不明の子女

出典[編集]

  • 『涌谷町史』上(宮城県遠田郡涌谷町、1965年)

関連項目[編集]

関連作品[編集]

先代:
亘理重宗
涌谷伊達家(亘理氏)
初代(19代):1604年 - 1651年
次代:
伊達宗重