伊達村信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達村信
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年3月5日1720年4月12日
死没 明和2年5月21日1765年7月8日
改名 左京・刑部(幼名)、村冬(初名)、村信
戒名 環中院殿本融道玄大居士
墓所 愛媛県宇和島市吉田町の大乗寺
官位 従五位下紀伊守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
伊予吉田藩
氏族 吉田伊達氏
父母 伊達村豊、本寿院
兄弟 村澄村信上杉義枝、成房、徳行、
久徳成朝、恒川久定、成要、荻野朝周室、戸沢正諶婚約者
諏訪忠虎娘・於栄
唯光院、木谷氏娘・志野、清見氏娘・清美、丹波氏娘・縫
豊松、村賢、慶、成武、成寿、澄、道、
保五郎、稔、松田常辰
テンプレートを表示

伊達 村信(だて むらのぶ)は、江戸時代中期の大名伊予国吉田藩4代藩主。官位従五位下紀伊守

生涯[編集]

享保5年(1720年)3月5日、3代藩主・伊達村豊の次男として誕生(五男とも言われる、生年は享保3年(1718年)とも)。父・村豊または仙台藩主・伊達吉村より偏諱を受け、初めは村冬(むらふゆ)、のち村信と名乗る。

兄・村澄が早世したため、享保20年(1735年)12月2日に世子に指名され、元文2年(1737年)に父が死去したため、家督を継いで4代藩主となった。12月16日に従五位下・紀伊守に叙位・任官する。

幕命により公家の接待役、朝鮮通信使来日による負担、江戸城神田橋門番などの負担を始め、虫害や風水害に悩まされて藩財政が悪化したにもかかわらず、対応策をとらなかった。宝暦13年(1763年)9月8日、病のため家督を次男・村賢に譲って隠居する。明和2年(1765年)5月21日、吉田で死去。享年46。

系譜[編集]

  • 父:伊達村豊(1682-1737)
  • 母:須磨 - 本寿院、斎藤氏
  • 正室:於栄 - 諏訪忠虎の娘
  • 側室:久美 - 唯光院、木村氏
  • 側室:志野 - 木谷氏
  • 側室:清美 - 清見氏
  • 側室:縫 - 丹波氏
  • 生母不明の子女
    • 男子:豊松
    • 女子:慶 - 南部信依正室
    • 三男:伊達成武
    • 四男:伊達成寿
    • 女子:澄 - 上杉義寿
    • 女子:道 - 小笠原長有正室
    • 男子:保五郎
    • 女子:稔 - 荻野采女室
    • 六男:松田常辰