伊達村年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達村年
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年1月16日1705年2月9日[1]
死没 享保20年5月28日1735年7月18日[1]
改名 伊勢松(幼名)、宗貞、貞清、村年
別名 伊織
戒名 泰雲院殿宗山紹沢大居士
墓所 愛媛県宇和島市等覚寺
官位 従四位下遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家宣家継吉宗
伊予宇和島藩
氏族 宇和島伊達氏
父母 伊達宗贇、中里氏
兄弟 宗相、曽智、岩次郎、村年田村村顕、初、民、百助、桑折宗恒、清、長、久米、悦、幾久
伊達吉村三女・富子
松川氏ら
村候、繁、島内徳風、幾、青木一貫、某、鉄
テンプレートを表示

伊達 村年(だて むらとし)は、江戸時代中期の大名伊予国宇和島藩4代藩主。官位従四位下遠江守

生涯[編集]

3代藩主・伊達宗贇の三男[2][1]として誕生。母は中里氏(側室で宇和島藩士の娘)[1]。幼名は伊勢松。伊織。初名は宗貞(むねさだ)、貞清(さだきよ)。のちに義父の伊達吉村より偏諱を授かって村年に改名した。正室は仙台藩主で宗贇の従兄弟にあたる伊達吉村の娘・富子[1]。側室に松川氏ほか。

兄・宗相が早世したため、宝永7年(1710年)4月2日に世子に指名され、翌年の父の死去により跡を継いだ。

藩政においては享保13年(1728年)から享保16年(1731年)にかけて風水害、享保17年(1732年)に虫害などが起こって藩内は凶作・大飢饉が続き、藩財政は窮乏化した。このため、倹約令と有能な人材登用を主とした藩政改革を断行しようとしたが、享保20年(1735年)5月28日、参勤交代で帰国途上の播磨国加古川にて31歳で急死し、成果が挙がらずに終わった。跡を長男の村候が継いだ。法号は泰雲院殿宗山紹沢大居士。

四代藩主 伊達村年の墓 (龍華山等覚寺西墓所)

系譜[編集]

  • 父:伊達宗贇(1665-1711)
  • 母:中里氏
  • 正室:富子 - 徳子、伊達吉村の三女
  • 側室
    • 長女:繁 - 夭折
  • 側室:松川氏
    • 次男:島内徳風 - 島内氏を興す、歌人

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 宇神 2011, p. 110.
  2. ^ 宇神 2011, p. 109.

参考文献[編集]

  • 近代史文庫宇和島研究会編 『家中由緒書 上』、1976年。 
  • 宇神幸男 『宇和島藩』 現代書館〈シリーズ藩物語〉、2011年。