伊達村澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達村澄
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年(1717年
死没 享保20年9月17日1735年11月1日
別名 宮内(通称
伊予吉田藩世嗣
氏族 吉田伊達氏
父母 伊達村豊
兄弟 村澄村信上杉義枝、成房、徳行、
久徳成朝、恒川久定、成要、荻野朝周室、戸沢正諶婚約者
テンプレートを表示

伊達 村澄(だて むらずみ)は、江戸時代中期の伊予国吉田藩世嗣。通称は宮内。

略歴[編集]

3代藩主・伊達村豊の長男として誕生。父または仙台藩主・伊達吉村より偏諱を受ける。

伊予吉田藩嫡子として育ち、享保18年(1733年)に8代将軍・徳川吉宗に拝謁する。しかし、家督を相続することなく享保20年(1735年)に19歳で早世した。

代わって、弟・村信が嫡子となった。