伊達村福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達村福
Date Murayasu.jpg
伊達村福(大安寺蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永4年2月22日1775年3月23日
死没 天保元年9月18日1830年11月3日
改名 小源吾(幼名)→景福(初名)→村福
別名 将監
墓所 岩手県奥州市の大安寺
主君 伊達重村斉村周宗斉宗
陸奥仙台藩
氏族 水沢伊達家
父母 父:伊達村儀、母:石川村俊
兄弟 村善村福村賢
正室:伊達村常娘・良
継室:片倉村典
宗衡

伊達 村福(だて むらやす)は、江戸時代中期から後期にかけての武士陸奥国仙台藩一門第三席水沢伊達家10代(留守氏27代)当主。

生涯[編集]

安永4年(1775年)2月22日、水沢伊達家8代当主・伊達村儀の次男として水沢に誕生する。幼名は小源吾

天明7年(1787年)11月、兄・村善の死去により13歳で家督相続する。村善の当主時と同じく、小源吾に代わり、母方の叔父で涌谷伊達家9代当主・伊達村常が家政を後見した。

天明8年(1788年)8月1日、仙台藩7代藩主・伊達重村に初めて拝謁し、その一文字を拝領して初名の景福(かげやす)から村福に改名する。寛政8年(1796年)、8代藩主・斉村(重村次男)が急死し、その長男である周宗が1歳で9代藩主となる。文化元年(1804年)、一門として幼い周宗に代わり仙台で藩政を代行することとなる。

文化9年(1812年)2月、家督相続して新藩主となった周宗の弟・斉宗と共に江戸城に登城し、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。

文政3年(1820年)5月、隠居して家督を嫡男・宗衡に譲る。天保元年(1830年)9月18日死去。享年56。

系譜[編集]

出典[編集]

  • 『水沢町誌』

関連項目[編集]