伊達村緝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達 村緝
時代 江戸時代
生誕 宝永4年(1707年
死没 元文元年2月25日1736年4月5日
別名 大力、主馬、弾正
墓所 実相寺(岩手県大崎市
主君 伊達吉村
仙台藩
氏族 伊達氏
父母 父:伊達村泰
兄弟 村緝村敏
正室:石川村弘の娘
子:村通石川村俊

伊達 村緝(だて むらつぐ)は、仙台藩一門第八席・岩出山伊達氏第5代当主。

生涯[編集]

宝永4年(1707年岩出山伊達氏第4代当主・伊達村泰の嫡男として生まれる。幼名は大力

享保元年(1716年)藩主伊達吉村に御目見する。享保4年(1719年)藩主吉村の加冠で元服し、偏諱を受けて主馬村緝と名乗る。

父村泰より宝蔵院流槍術を、家臣氏家知平に三冨流刀術を学び伝を極めた。

享保16年(1731年)父の村泰死去により家督相続。元文年(1736年)2月25日死去。享年30。家督は嫡男村通が相続した。

参考文献[編集]

  • 『伊達世臣家譜』
先代:
伊達村泰
岩出山伊達氏
第5代:1731年 - 1736年
次代:
伊達村通