伊達氏宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達氏宗
時代 室町時代前期
生誕 建徳2年(1371年
死没 応永19年7月17日1412年8月24日
諡号 受天公
戒名 受天
官位 従五位下兵部少輔
氏族 伊達氏
父母 伊達政宗蘭庭明玉禅尼
正室:広教院
持宗
テンプレートを表示

伊達 氏宗(だて うじむね)は、室町時代前期の武士官位従五位下兵部少輔伊達氏10代当主。

生涯[編集]

9代当主・伊達政宗の子。母・輪王寺殿石清水八幡宮祠官善法寺通清の娘で、姉妹の広橋仲子が産んだ後円融天皇紀良子が産んだ室町幕府3代将軍足利義満とは母方の従兄弟関係にあたる。なおの「氏」の字は鎌倉公方足利氏満(義満の従兄弟)から偏諱を授けられたものである。

三十年近くに渡り伊達家を統率し、時に鎌倉府との戦いも辞さなかった父親とは対照的に、父の死後僅か七年、四十代前半で亡くなっている。このため具体的な事績としては父の菩提を弔うため東光寺を創建した程度である。また氏宗が応永の頃に使用したとされる香炉形の朱印が現存している。

系譜[編集]