伊達義基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊達義基
時代 江戸時代後期
生誕 文化5年(1808年
死没 天保10年6月5日1839年7月15日
改名 虎松・源次郎(幼名)、義基
別名 兵庫、安芸(通称)、桂園(号)
墓所 宮城県遠田郡涌谷町見龍寺
主君 伊達斉宗斉義斉邦
陸奥仙台藩
氏族 涌谷伊達氏
父母 伊達村清
兄弟 義基、千熊
但木直行娘
邦隆、亘理隆教
テンプレートを表示

伊達 義基(だて よしもと)は、江戸時代後期の武士陸奥国仙台藩一門第四席涌谷伊達家11代(亘理氏29代)当主。

生涯[編集]

文化5年(1808年)、伊達村清の子として誕生。幼名は虎松源次郎

文政2年(1819年)5月25日に仙台藩10代藩主・伊達斉宗が亡くなると、田村顕嘉(後の伊達斉義)や登米家伊達宗充の子である幸五郎(後の伊達斉邦、当時2歳)と共に当時12歳の源次郎もその後継者候補となっていたが、斉宗との血統の近さと年齢から顕嘉(斉義)が藩主となった。のちに源次郎は斉義から偏諱を受けて、義基と名乗っている。

文政3年(1820年)、父・村清の死去により家督を相続し、涌谷邑主となる。文政11年(1828年)1月28日、新藩主・伊達斉邦[1]の家督相続御礼言上の際に、江戸城で11代将軍・徳川家斉に拝謁を賜る。天保3年(1832年)から翌天保4年(1833年)、名鰭沼の排水のため、藩営で青木沢の掘削工事を行い、未開墾だった南郷谷地の新田開発を実現した。天保9年(1838年)、家臣や領民の教育のために、郷学学習館(後に月将館と改称)を設立する。

天保10年(1839年)6月5日、死去。享年32。

脚注[編集]

  1. ^ 1月23日に斉義が没する前にその養子となっていた。

偏諱を受けた人物[編集]

出典[編集]

  • 『仙台人名大辞書』

関連項目[編集]

仙台藩の家格

先代:
伊達村清
涌谷伊達家
11代:1820年 - 1839年
次代:
伊達邦隆