伊号第二六潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
I-25.jpg
伊26(広島湾大黒神島沖、1941年10月下旬[1]
艦歴
計画 第四次海軍軍備補充計画(マル4計画
起工 1939年6月7日
進水 1940年4月10日
就役 1941年11月6日
その後 1944年11月21日亡失認定
除籍 1945年3月10日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[2]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[3]
乗員 94名[4]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第二六潜水艦(いごうだいにじゅうろくせんすいかん)は、大日本帝国海軍伊一五型潜水艦

艦歴[編集]

1939年6月7日に呉海軍工廠で起工され1940年4月10日に進水、1941年11月6日に竣工した。

1941年11月19日に横須賀から出撃しアリューシャン列島の偵察を実施[5]。12月8日にはハワイ北島約1000海里の場所にあり、同日オリバー・J・オルソン社貨物船シンシア・オルソン(2140総トン)を砲撃で沈めた[6]。次いでアメリカ西岸で活動[7]。1942年3月にはK作戦に参加[8]

1942年8月31日、ソロモン諸島サンクリストバル島東方で米空母サラトガを雷撃し、魚雷1本を命中させ修理に3ヶ月を要する損害を与えた。11月13日にはエスピリッツサント島へ向かっていた米軽巡洋艦ジュノーを雷撃し撃沈した。

他の戦果は撃沈、米船「コースト・トレーダー」(1942年6月8日)、ユーゴスラビア船「レシナ」(1943年4月11日)、オーストラリア船「コアラ」(1943年4月24日)、英タンカー「トーンズ」(1943年12月31日)、米船「アルバート・ギャランチン」(1944年1月1日)、米タンカー「H・D・コリアー」(1944年3月13日)、ノルウェータンカー「グレナ」(1944年3月21日)、米船「リチャード・ホベイ」(1944年3月29日)。撃破、米船「ロバート・T・ホーク」(1943年12月28日)。

レイテ沖海戦に参加し1944年10月25日、スリガオ海峡沖で米艦隊を発見、雷撃するも反撃され、米駆逐艦の爆雷攻撃を受けて戦没。[要出典]同年11月21日、亡失と認定。1945年3月10日に除籍された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』405-406頁による。

艤装員長[編集]

  1. 横田稔 中佐:

艦長[編集]

  1. 横田稔 中佐:1941年11月6日 -
  2. 日下敏夫 少佐:1943年9月18日 -
  3. 西内正一 少佐:1944年8月1日 - 11月21日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』潜水艦伊号、光人社、1997年、109頁。
  2. ^ 常備排水量:2,589トンとする資料もある。
  3. ^ 燃料搭載量は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。752.6トンとする資料もある。
  4. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  5. ^ 『日本潜水艦戦史』、77ページ
  6. ^ 『日本潜水艦戦史』、78ページ
  7. ^ 『日本潜水艦戦史』、80ページ
  8. ^ 『日本潜水艦戦史』、102-103ページ

参考書籍[編集]

  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 木俣滋郎、『日本潜水艦戦史』、図書出版社、1993年、ISBN 4-8099-0178-5
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1