伏見大和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伏見 大和
Yamato Fushimi
東レ・アローズ  No.3
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-12-24) 1991年12月24日(27歳)
出身地 静岡県静岡市
ラテン文字 Yamato Fushimi
身長 207cm
体重 118kg
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 ヤマト
ポジション MB
指高 268cm
スパイク 345cm
ブロック 328cm
テンプレートを表示

伏見 大和(ふしみ やまと、男性、1991年12月24日 - )は、日本バレーボール選手。V.LEAGUE Division1の東レ・アローズに所属している[1]。207cmという現役最長身のVリーガーである(2014年6月現在)。

来歴[編集]

静岡県静岡市出身。スポーツ好きで小学3年からは野球、中学入学後はサッカーをしていたが足の故障により断念。先輩の勧めで1年次からバレーボールを始める[2][3]。身長が小学4年次に148cmであったが、小学校卒業時には181cmであったという[3]

市立豊田中学校在学中の2006年12月には、JOCジュニアオリンピックに出場し、出耒田敬とともにオリンピック有望選手賞・優秀選手賞に輝いた[4]

高校は地元の古豪である静岡市立清水商業高校(現・静岡市立清水桜が丘高校)に進学したが、静岡県及び東海ブロックは強豪校が多く、高校三大全国大会の出場はわずかであった[5]

2010年に高校卒業後、関東1部リーグの順天堂大学に進学し、同年11月に開催された全日本インカレでチーム28年ぶりとなる優勝に大きく貢献した[6]。翌2011年4月、全日本代表候補となり、同年8月に開催されたバレーボール男子ジュニア世界選手権に出場した[7]

2013年11月にVプレミアリーグ東レ・アローズの内定選手となった[8]。2014年4月にも全日本メンバー候補となり、バレーボール・ワールドリーグ出場メンバーに選出され[9]、5月23日の対ドイツ戦でシニア代表デビューを果たした[10]

2014年6月、東京オリンピックの強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[11]

所属クラブ[編集]

JTEKTSTINGS

球歴[編集]

  • 全日本ユース代表 -
  • 全日本ジュニア代表 - 2011年
  • ユニバーシアード代表 - 2013年
  • 全日本代表 - 2011年、2014年

脚注[編集]

  1. ^ 選手紹介”. 東レ男子バレーボール部. 2018年8月27日閲覧。
  2. ^ 東レ・アローズ男子バレーボール部. “選手紹介”. 2014年6月15日閲覧。
  3. ^ a b 月刊バレーボール 2006年12月号 128ページ 日本文化出版社刊
  4. ^ 月刊バレーボール 2007年2月号 81ページ 日本文化出版社刊
  5. ^ 日本文化出版. “第40回春の高校バレーexpress - 春のヒーロー&ヒロイン 男子編”. 2014年6月22日閲覧。
  6. ^ 月刊バレーボール 2011年1月号 82ページ 日本文化出版社刊
  7. ^ 日本バレーボール協会. “試合結果”. 2014年6月15日閲覧。
  8. ^ 東レ男子バレーボール部. “新人内定選手4名の入部について”. 2014年6月12日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “南部正司新監督・越川優新キャプテンのもと2014年度全日本男子チーム・龍神NIPPONが始動!”. 2014年5月13日閲覧。
  10. ^ 日本バレーボール協会. “国際大会 - 試合結果”. 2014年6月15日閲覧。
  11. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。