伏見隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
伏見 隆
ふしみ たかし
生年月日 (1968-04-25) 1968年4月25日(52歳)
出生地 日本の旗 大阪府枚方市
出身校 大阪府立寝屋川高等学校
京都産業大学経営学部
立命館大学大学院政策科学研究科博士課程前期(中退)
前職 大阪府議会議員
枚方市議会議員
現職 枚方市長
所属政党無所属→)
みんなの党→)
(無所属→)
大阪維新の会
公式サイト 伏見たかし公式ホームページ

当選回数 2回
在任期間 2015年9月23日 - 現職

選挙区 枚方市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2011年4月30日 - 2015年4月29日

Flag of Hirakata, Osaka.svg 枚方市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2011年
テンプレートを表示

伏見 隆(ふしみ たかし、1968年4月25日 - )は、日本政治家大阪府枚方市長(2期)。大阪府議会議員(1期)、枚方市議会議員(2期)を務めた。

概要[編集]

大阪府枚方市生まれ。枚方市立高陵小学校枚方市立第一中学校大阪府立寝屋川高等学校卒業。

1988年京都産業大学経営学部に入学。

大学在学中の1991年、大学を休学しアメリカ合衆国ウェストバージニア州に留学し、1993年に京都産業大学経営学部を卒業した[1]

1993年、極東貿易株式会社に入社。2001年まで8年間、同社に勤務した[2]

2002年立命館大学大学院政策科学研究科博士課程前期に入学。

2003年枚方市議会議員選挙に無所属で出馬し、初当選。翌2004年、立命館大学大学院を中退。2007年、枚方市議に再選。

2011年大阪府議会議員選挙に枚方市選挙区からみんなの党公認で出馬し、当選した。2014年5月に大阪維新の会とみんなの党の統一会派に参加、同年みんなの党が解党した後も無党籍のまま維新会派に留まった。

2015年の大阪府議選への出馬は見送り、同年7月9日、枚方市長選挙への立候補を表明する[3]。出馬表明の際には市長選には無所属で立候補する意向を示していたが、最終的には大阪維新の会の公認を受けて出馬。当初、自由民主党は大阪府連の枚方支部が擁立した元関西テレビ部長の難波秀哉を推していたが、大阪11区(枚方市・交野市)選出の代議士である佐藤ゆかりが支部長を務める自民党大阪府第11選挙区支部は現職の竹内脩市長を支持したため、自民党の支持層が分裂[4]公明党は自主投票とした。大阪維新の会公認の伏見が竹内、難波ら3人の対立候補を破り、当選した[5]。投票率は38.70%[6]。同年9月25日、枚方市役所に初登庁し、正式に市長に就任した[7]

※当日有権者数:332,165人 最終投票率:38.70%(前回比:+2.57pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
伏見隆47大阪維新の会55,156票44.27%
竹内脩66無所属52,801票42.38%(支援)自民党大阪府第11支部・民主党日本共産党
難波秀哉60無所属9,517票7.64%(支援)自民党枚方支部
福川ひろこ52無所属7,122票5.72%

2019年9月に行われた枚方市長選挙で再選[8]

※当日有権者数:332,165人 最終投票率:36.90%(前回比:-1.8pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
伏見隆51大阪維新の会69,620票57.35%
大橋智洋40無所属51,782票42.65%(推薦)自民党・連合大阪

政策・主張[編集]

  • 2019年4月1日、性的少数者(LGBTなど)のカップルを公的に認める「パートナーシップ制度」を開始した[9]
  • 2020年4月23日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の5月から2021年3月までの月額給与の減額率を現行の20%から30%に変更すると発表した。副市長、教育長、上下水道事業管理者、病院事業管理者、常勤の監査委員についても同期間の月額給与の減額率を上げる[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
公職
先代:
竹内脩
Flag of Hirakata, Osaka.svg 大阪府枚方市長
第20代:2015年 -
次代:
(現職)