会いたかった 〜向井亜紀・代理母出産という選択〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

会いたかった 〜向井亜紀・代理母出産という選択〜(あいたかった むかいあきだいりぼしゅっさんというせんたく)は向井亜紀によるノンフィクション及びそれを原作としてフジテレビ系列2007年3月2日21時00分 - 22時52分(JST)に放送された金曜プレステージ枠のテレビドラマ子宮頸癌を乗り越え、代理母出産という道を選んだ「向井亜紀」とその夫「高田延彦」の苦難、そして苦難を乗り越えた感動のドラマである。

2002年3月8日『16週 〜あなたといた幸せな時間〜』が放送されており(主演は同じく松下由樹。高田役は加勢大周)、その続編にあたる。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]