会津坂下駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
会津坂下駅
Aizu-Bange Station ekisha.JPG
駅舎
あいづばんげ
Aizu-Bange
若宮 (2.7km)
(4.4km) 塔寺
福島県河沼郡会津坂下町字五反田1270
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 只見線
キロ程 21.6km(会津若松起点)
電報略号 ハン
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
355人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1926年大正15年)10月15日
備考 直営駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

会津坂下駅(あいづばんげえき)は、福島県河沼郡会津坂下町字五反田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線と留置線を有する地上駅。互いのホームは構内踏切で連絡している。木造駅舎を持つ。

会津若松駅管理の直営駅(会津坂下在勤の副駅長・助役配置)。かつては管理駅として、会津高田駅 - 只見駅間の各駅を管理していた。只見線内の途中駅では唯一のみどりの窓口設置駅となっているほか、自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 只見線 上り 会津若松方面[1]
反対側 下り 会津川口方面[1]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は355人である[利用客数 1]。只見線内では西若松駅と並び利用者が多い。朝夕は通学する高校生で混み合う。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 629 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 624 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 595 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 572 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 544 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 538 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 540 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 531 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 558 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 539 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 514 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 481 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 437 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 429 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 398 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 421 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 408 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 385 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 362 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 355 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅前に地元出身で、昭和を代表する大歌手である春日八郎のブロンズ像並びに『赤いランプの終列車』の歌碑が建立されている。

駅頭に立つ春日八郎像
駅前

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
只見線
若宮駅 - 会津坂下駅 - 塔寺駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 時刻表 会津坂下駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月20日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月8日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月22日閲覧。

関連項目[編集]