会津美里町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 東北地方 > 福島県 > 大沼郡 > 会津美里町
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼: 会津美里町役場本庁舎及び複合文化施設(じげんプラザ)の外観 の画像提供をお願いします。2020年6月
あいづみさとまち
会津美里町
Isasumi-jinja roumon.JPG
Flag of Aizumisato Fukushima.JPG Symbol of Aizumisato Fukushima.svg
会津美里町旗 会津美里町章
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
大沼郡
市町村コード 07447-1
法人番号 7000020074471 ウィキデータを編集
面積 276.33km2
(境界未定部分あり)
総人口 19,365[編集]
推計人口、2020年6月1日)
人口密度 70.1人/km2
隣接自治体 会津若松市河沼郡会津坂下町柳津町大沼郡昭和村南会津郡下郷町
町の木 えんじゅ
町の花 あやめ
町の鳥 セキレイ
会津美里町役場
町長
[編集]
渡部英敏
所在地 969-6292
福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
北緯37度27分54秒 東経139度50分03秒 / 北緯37.464923度 東経139.8341844度 / 37.464923; 139.8341844
外部リンク 公式ウェブサイト

会津美里町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
新宮川ダム湖(2007/12)

会津美里町(あいづみさとまち)は、福島県会津地方に位置し、大沼郡に属する

地理[編集]

会津美里町中心部

会津盆地の南西部を占める。中央を宮川(鶴沼川)が南西から北東に流れ、会津若松市との境界付近からは北よりに流れを変え、やがて阿賀川(大川)と合流する。北部・東部は盆地の平野部(あいづだいら)が広がり、コシヒカリひとめぼれなどを中心とした稲作が盛んである。南部・西部は山間地となっており会津高原へとつながる。山沿いなどではぶどう朝鮮人参ソバ野菜類などが栽培されている。いわゆるゆるキャラはあいづじげんである。

人口[編集]

Demography07447.svg
会津美里町と全国の年齢別人口分布(2005年) 会津美里町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 会津美里町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

会津美里町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 初代町長:渡部 英敏(2005年11月13日 - 4期目)
  • 町議会:定数18人(欠員2名、任期は2021年11月12日)

町役場[編集]

  • 会津美里町役場本庁舎及び複合文化施設(じげんプラザ)
  • 会津美里町役場高田庁舎
  • 会津美里町役場本郷庁舎
  • 会津美里町役場新鶴庁舎

姉妹都市・提携都市[編集]

郵便[編集]

郵便局

  • 会津高田郵便局(集配局)
  • 会津本郷郵便局(集配局)
  • 新鶴郵便局(集配局)
  • 会津赤沢郵便局
  • 永井野郵便局

簡易郵便局

  • 旭簡易郵便局
  • 東尾岐簡易郵便局
  • 西本簡易郵便局
  • 安田前簡易郵便局

教育[編集]

高等学校[編集]

小学校・中学校[編集]

高田地区

  • 高田中学校 (旧 高田第一中学校)
    • 2007年度より高田一中、高田二中が統合された。
  • 高田小学校
    • 2010年度より赤沢小学校は高田小学校に統合された。
  • 宮川小学校
    • 2008年度より永井野・尾岐・旭・藤川の各小学校は宮川小学校に統合された。
本郷地区
  • 本郷中学校
  • 本郷小学校
新鶴地区
  • 新鶴中学校
  • 新鶴小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

温泉[編集]

  • 町内には温泉施設が3箇所ある。点在する温泉施設や各庁舎をつなぐ地域間連絡バスが合併以降2007年(平成19年)9月30日まで運行された。
    • 高田温泉 「あやめの湯」
    • 新鶴温泉健康センター、ほっとぴあ新鶴
    • 会津本郷温泉 「湯陶里(ゆとり)」

名所・旧跡[編集]

公園[編集]

祭事・催事[編集]

名産品[編集]

  • 会津本郷焼
  • 高田…ゴルフボールほどの大粒で種が小さく(可食部が多い)、歯触りがよい。
  • 朝鮮人参
  • 新鶴ワイン
  • 身不知…みしらずがき。柿の木が重みで折れてしまうほど実を付けることから名付けられたとされる。渋柿のため脱渋処理(渋抜き)を施したのち出荷される。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]