会田幸久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
会田幸久
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 将監(通称)[1]
主君 小笠原長時太田資正北条氏康[1]
氏族 会田氏
信清[1]
テンプレートを表示

会田 幸久(あいだ ゆきひさ)は、戦国時代武士小笠原長時太田資正北条氏康の家臣[1]

略歴[編集]

当初は小笠原長時に仕えていたが、長時が武田晴信に敗れて越後国に落延びると太田資正の家臣に転じた[1]。のち北条氏康の家臣となる[1]。江戸衆として下平川、葛西小岩、飯塚、奥戸において276貫を領した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 阿部猛西村圭子編『戦国人名事典』新人物往来社(1990)