会田村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
あいだむら
会田村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
錦部村中川村五常村会田村四賀村
現在の自治体 松本市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
東筑摩郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 2,630
国勢調査1950年
隣接自治体 錦部村、中川村、五常村、本城村
会田村役場
所在地 長野県東筑摩郡会田村会田
座標 北緯36度20分57秒 東経137度59分28秒 / 北緯36.34917度 東経137.99103度 / 36.34917; 137.99103座標: 北緯36度20分57秒 東経137度59分28秒 / 北緯36.34917度 東経137.99103度 / 36.34917; 137.99103
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

会田村(あいだむら)は長野県東筑摩郡にあった。現在の松本市会田にあたる。

地理[編集]

歴史[編集]

交通[編集]

道路[編集]

現在は旧村域を長野自動車道が通過するが、当時は未開通。

その他[編集]

村内ではマツタケが豊富に生産されており、1950年代には観光客向けの松茸狩りも盛んにおこなわれていた。1953年9月26日には、松茸狩りの客18人を乗せたオート三輪トラックが転落、15人が死傷する事故も起きている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「オート三輪が転落」『朝日新聞』昭和28年9月27日夕刊3面

参考文献[編集]

関連項目[編集]