会計学科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

会計学科(かいけいがっか)とは、大学専門学校に置かれる学科の一つであり、会計学教育・研究することを目的としている。

現在はいずれの場合も経済学部・商学部あるいは経営学部などに学科として置かれており、会計学部としての学部単位としては存在していない。あるいは,学科ではなく,会計情報コースなどの名称で学部の中に置かれていることがある。あるいは,資格試験のための部署や講座を開設し,そこが専門学校の機能を果たしている場合もある。独立部局として存在するためには,ある一定以上の人数の教員が必要である。政策的に敢えて学部には会計学科を置かず,会計大学院を設置して,そちらに重点的に教員を配置している場合もある。


したがって,会計学を学ぶには,必ずしも会計学科の有無ではなく,会計学を研究している優れた教員が何人いるか,会計学関連の科目がたくさん開講されているかがまず重要である。国公立大学で言えば,東の一橋大学商学部や西の神戸大学経営学部など商大系の大学,滋賀大学経済学部や山口大学経済学部など高商系の大学,兵庫県立大学(神戸商大)等,私立大学で言えば,早稲田大学,慶応大学など多数存在する。意外なことに,東大や京大など帝大系の大学には,会計学の教員はほとんどおらず,いても大学院に重点があるので,そちらに教員は貼り付いており,学部教育は兼任の場合が多いので,会計学の開講科目も少なく,学部の会計学教育には,他大学の非常勤の教員に頼っているケースも少なくない。つまり,大学・学部により,得意とする学問分野は違うのである。

会計学科を置く大学ログイン[編集]

国立[編集]

  • 滋賀大学経済学部(会計学科を経て、会計情報学科)

私立[編集]

会計学科を置く専門学校[編集]

  • 愛媛大原簿記公務員専門学校