伴須賀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伴須賀雄
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上因幡権守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 大伴氏
父母 父:大伴和武多麻呂または伴勝雄
兄弟 須賀雄源能有
テンプレートを表示

伴 須賀雄(とも の すがお)は、平安時代初期から前期にかけての貴族左近衛少将大伴和武多麻呂[1]または右兵衛督伴勝雄[2]の子。官位従四位上因幡権守

経歴[編集]

承和年間に備後権掾を務める。この間の承和5年(838年遣唐使に別請益生(特別研究員)として随行し長安へ入京[3]、翌年無事帰国している(この時の位階正六位上)。嘉祥3年(850年文徳天皇の即位後に従五位下叙爵し、文徳朝では土佐権守紀伊介縫殿頭を歴任する。

清和朝に入り、貞観2年(859年)従五位上に昇叙され、引き続き縫殿頭を務める一方、但馬介/守も兼任した。陽成朝では、主殿頭因幡権介を務める傍ら、元慶元年(877年従四位下、元慶6年(882年)従四位上に至っている。

人物[編集]

囲碁の名人で、承和6年(839年)共に当時囲碁の名人とされていた伴雄堅魚と共に仁明天皇に召されて囲碁の対局を行った。この際、須賀雄が石二子格上であったが、5局指して1勝4敗だったという[4]

官歴[編集]

六国史』による。

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木真年『百家系図』巻59,大伴宿禰
  2. ^ 地下家伝
  3. ^ 『入唐求法巡礼行記』開成3年10月4日条
  4. ^ 『続日本後紀』承和6年10月1日条

参考文献[編集]