伸学社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伸学社(しんがくしゃ)は、かつて存在した学習塾。人間性を重視したスパルタ教育で有名だった。代表の入江伸の名前をとって入江塾とも呼ばれた。

概要[編集]

通信添削の評判を聞きつけた生徒数人が、大阪・帝塚山の入江の自宅に集まったのが始まり。1957年、伸学社(通称入江塾)設立。

人間7分、学力3分の信念から、徹底した内面教育を行い、礼儀やマナーが守れない生徒は容赦なく叱責罵倒した。また、体罰も公然と行われていた。しかし、それに伴う学力指導の成果もあり、毎年灘高を始めとする難関校に多数の合格者を出した。

約300名の中学1年生が入塾し、そのうち3分の1が高校受験まで残った。しかし、入江自身は1985年脳梗塞を発症。また自著で公開した入江塾のテクニックを利用した学習塾が増えたことに嫌気がさした[独自研究?]こともあり、1986年に閉塾となった。その後、灘高などの難関高校受験では森田塾や立志社浜学園が有名となった。

ラ・サール愛光(通称「西の御三家」)のツアー受験を行っていたことでも有名。

かつて在籍していた著名人[編集]

関連項目[編集]