伸長位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:伸長位の画像提供をお願いします。2012年9月

伸長位(しんちょうい)は、人間の性交体位の一種。

正常位のバリエーションであり、男性は女性にまたがって、ペニスに挿入する。女性は仰向けに寝てまっすぐを伸ばす。女性の足が閉じているために挿入は深くならないが、性器同士の摩擦は強く、短時間で快感に達しやすい(特に男性側)。また、女性にあまり負担が掛からないことから妊娠時の体位に適しているが、その際に男性は女性の腹部への圧迫を回避して胎児への影響が生じないよう、十分に注意する必要がある。

俗説[編集]

科学的根拠に乏しい主張ながら、男女の産み分けで女の子が欲しい場合は浅い挿入が良いと信じられることからこの体位が紹介されることがある。[要出典]

四十八手の伸長位[編集]

空竹割(からたけわり)
仰向けで足を閉じて伸ばした女性の膣にペニスを差し込み、空竹に刃物をあてがい竹を割るように、男性も足を伸ばして挿入する体位である。男性は締め付け感を、女性は摩擦によりクリトリスを刺激され、双方が快感を感じられる体位である。しめ小股(しめこまた)とも言われる[1]
しがらみ
仰向けで足を伸ばした女性の膣にペニスを挿入し、男性が足を絡ませた体位である。足を巻きつけた状態のため、激しい動きはできないが、男性が足首で女性をホールドし密着しながら腰を動かすことで、女性は身を任せて快感を堪能できる[2]
いかだくずし
足を伸ばした女性の間に入り込むように重なって挿入する体位である。男性は腰を突き下ろしたり、陰部を擦り付けるように回したりしながら快感を感じ、女性も骨盤を動かすようにするとお互いの不規則な動きが混じり合い、同時に絶頂を感じられる[3]
筏茶臼(いかだちゃうす)
仰向けで足を伸ばした男性に、両側から挟み込むように足を伸ばした女性が覆いかぶさる体位である。男性は足を閉じているため動きにくいが、女性がじっくりと自分のペースでスローセックスを楽しめる[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]