但馬国府・国分寺館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 但馬国府・国分寺館
TajimaKokufu and Kokubunji-Kan.jpg
施設情報
専門分野 考古学古代但馬歴史
事業主体 豊岡市
開館 2005年
所在地 669-5305
兵庫県豊岡市日高町祢布808
位置 北緯35度28分11秒
東経134度46分2.9秒
プロジェクト:GLAM

豊岡市立歴史博物館但馬国府・国分寺館(とよおかしりつれきしはくぶつかんたじまこくふ・こくぶんじかん)は、兵庫県豊岡市日高町にある歴史博物館

概要[編集]

但馬国府・国分寺館は、古代但馬の中心地であったとされる国の史跡但馬国分寺跡」(奈良時代)及び「但馬国府跡」(祢布ヶ森遺跡・平安時代)をメインテーマとする歴史博物館である。 2005年(平成17年)3月に両遺跡に隣接する形で開館した。 両遺跡から出土した数多くの出土品[1]や模型を展示し、但馬の歴史を紹介している。

館内は主に常設展示室、企画展示室、総合学習室に分けられ、企画展示室では出土した木簡[2]などを展示した企画展を年数回開催している。

総合学習室では5000冊を超える専門書籍をはじめ、古代衣装試着体験や土器作り、また本物の土器石器に触れることができるなど但馬歴史を体感しながら学習する事が出来る。 なお、建物の設計は栗生明によるものである。

所在地[編集]

  • 兵庫県豊岡市日高町祢布808

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瓦・土器のほかに井戸跡も発見されている。使用している木材は年輪年代測定法で763年(天平宝字7年)と推定されている。
  2. ^ 36点出土し、「天平神護三年」(767年)、「神護景雲二年」(768年)などの年紀を記している。