住吉停留場 (長崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
住吉停留場
停留場全景
停留場全景
すみよし
Sumiyoshi
11 赤迫 (0.3km)
(0.2km) 昭和町通 13A
所在地 長崎県長崎市住吉町7番1号先
駅番号 12
所属事業者 長崎電気軌道
所属路線 本線(長崎駅前方面)
赤迫支線(赤迫方面)
1号系統・□2号系統3号系統
キロ程 0.3km(赤迫起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,400人/日
-2015年-
開業年月日 1950年(昭和25年)9月16日
乗換 西浦上駅長崎本線
テンプレートを表示

住吉停留場(すみよしていりゅうじょう、住吉電停)は、長崎県長崎市住吉町にある長崎電気軌道路面電車停留場。駅番号は121号系統2号系統3号系統が停車する。路線は当停留場を境に長崎駅前方面は本線、赤迫方面は赤迫支線と分かれるが、列車は全て両線を直通する。

歴史[編集]

延伸当日の住吉電停
(1950年9月16日)

住吉停留場は1950年(昭和25年)の開業[1]。延伸によって新しく開業した路線の終点であった[2][3]。その後1960年(昭和35年)に路線はさらに延伸し赤迫停留場が開業、終点の座を赤迫へと譲った[3]

年表[編集]

構造[編集]

住吉停留場は併用軌道区間にあり、ホームは道路上に設けられる[6][7]。ホームは低床式で2面あり、2本の線路を挟んで向かい合わせに配される相対式ホーム[7][8]。赤迫寄りから見て右に赤迫方面行きのホーム、左に長崎駅前方面行きのホームがある[7]

2007年(平成19年)1月には上屋がテント式から景観に配慮したシェルター式に取り換えられた[9]

利用状況[編集]

長崎電軌の調査によると1日の乗降客数は以下の通り。ほとんどが長崎駅前方面へ(から)の利用者で、赤迫方面へ(から)の利用者はほとんどいない。沿線にある商店街の買い物客の利用も多い[2]

  • 1998年 - 4,298人[1]
  • 2015年 - 3,400人[10]

周辺[編集]

長崎市北部では最大の繁華街が広がり、隣の昭和町通停留場にかけては道路の両側に商店街のアーケードが架けられている[2][3]。かつては人家もまばらだったが、電車の開通により発展した地域である[2][3]

停留場のやや長崎駅寄りには長崎バス県営バスの「住吉」バス停留所がある。当停留場は長崎市近郊を走る路線バスと路面電車の乗り換え地点にもなっている[9]

隣の停留場[編集]

長崎電気軌道
本線・赤迫支線(1号系統・□2号系統・3号系統)
赤迫停留場(11) - 住吉停留場(12) - 昭和町通停留場(13A)(赤迫方面行きのみ) - 千歳町停留場(13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 田栗 & 宮川 2000, p. 44.
  2. ^ a b c d 田栗 & 宮川 2000, p. 45.
  3. ^ a b c d 田栗 2005, pp. 60–61.
  4. ^ a b 田栗 2005, p. 157.
  5. ^ a b 今尾 2009, p. 57.
  6. ^ 100年史, p. 130.
  7. ^ a b c 川島 2013, p. 44.
  8. ^ 川島 2007, p. 116.
  9. ^ a b 100年史, p. 113.
  10. ^ 100年史, p. 125.

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』12 九州沖縄、新潮社、2009年。ISBN 978-4-10-790030-2。
  • 川島令三全国鉄道事情大研究』九州篇 2、草思社、2007年。ISBN 978-4-7942-1562-8。
  • 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第5巻 長崎・佐賀エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年。ISBN 978-4-06-295161-6。
  • 田栗優一 『長崎「電車」が走る街今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年。ISBN 4-533-05987-2。
  • 田栗優一、宮川浩一 『長崎のチンチン電車』 葦書房、2000年。ISBN 4-7512-0764-4。
  • 長崎電気軌道株式会社 『長崎電気軌道100年史』、2016年。

関連項目[編集]