住吉台ニュータウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

住吉台ニュータウン(すみよしだいニュータウン)は宮城県仙台市泉区に位置するニュータウンである。住吉台東は1丁目から5丁目、住吉台西は1丁目から4丁目からなる。フローラルヒルズ住吉台という愛称もある。

概要[編集]

JR仙台駅から北西方向に10kmほどの場所にある団地は、住吉台東地区と住吉台西地区に分かれており、双方合わせて人口は約8,500人である。団地はオリックス不動産が造成した。総開発面積は約1,450,000m2で、約2800戸である。 住吉台の名は,住吉台ニュータウンの中央を通る仙台市道住吉台線を北上した先にある宮城県仙台市泉区西田中に所在する住吉神社の名に由来する。この団地が造成される前には、一体に丘陵地帯の小高い丘があり、果樹園などが点在し、果物などの栽培が行われていた。

歴史[編集]

団地内施設[編集]

団地周辺[編集]

周辺には、泉ヶ岳があり住民の癒しの場所となっている。また、レジャー施設温泉施設なども点在する。団地からは仙台市都心部、泉ヶ岳のいずれも自動車で30分でアクセスすることができ、通勤通学レジャーも間近である。 住吉台ニュータウン仙台中心部から北西に約10kmという近さに立地しており、仙台中心部へは住吉台ニュータウン始発の仙台市営バスで快適に通勤・通学をすることができる。休日には団地の周辺でレジャーや自然にふれあうことができる。利便性や自然がこの団地に暮らす住民と調和している。

アクセス[編集]

住民は、公務員会社員が多く、仙台市都心部などに通勤している。交通機関としては、仙台市地下鉄南北線泉中央駅バスプールの2番乗り場から20分乗車、住吉台西三丁目下車。

関連項目[編集]